初詣Ⅱ「呉服神社」「中山寺」

元日に初詣に行っておいて、2日もJr.と初詣(単に詣でてる感じだね)に出かける。

まずは、阪急池田駅から近い「呉服(くれは)神社」だ。
e0173645_162658.jpg

呉服神社は、えべっさんの時に大いに賑わうんだけど、地元の神社ということで訪れてみる。参道や境内には露店はでてなくて、境内でお神酒振る舞いや祈祷受付をやっている。参拝を済ませた後、Jr.がみくじをやりたいというので、子供用のおみくじをひかせる。
e0173645_1625496.jpg

「あっ!やったー」
引いた番号が1番だったので、何となしに予測できた感があるんだけど、「大吉」を引きやがった。子供向けに分かりやすく書かれているんだけど、裏面の絵が「くにうみ」というタイトルで、イザナギノミコトとイザナミノミコトが日本の国と我々の先祖をお生みになった、というとってもグローバルな内容だった。

そして、場所を移動して「中山寺」へ。
e0173645_1641129.jpg

本堂でのお参りをすませた後は、露店散策するか。露店は、境内に飲食系を中心に展開されている。
「何にするかなあ」と閻魔大王の前で考える、C級呑兵衛。
e0173645_1645083.jpg

とりあえず、小腹が減ってきたし、まずは何か食べることにするか。
他ではあまり見かけない露店があったので、紹介しとこかな。まずは、「肉巻きおにぎり」。
e0173645_16584.jpg

これは宮崎名物ですな。俵型のおにぎりに、タレに漬け込んだ豚肉を巻いて焼き上げたもんですな。この露店では1つ300円、ここに50円でチーズやキムチなどもトッピングできる。

もう一つは、「わかさぎの天ぷら」だ。わかさぎと聞くと、「水曜どうでしょう」の釣り対決と、立川志の輔の落語「みどりの窓口」を思い出してニヤついてしまう。
e0173645_1652252.jpg

わかさぎと聞くと、凍った湖に穴を開けて釣る「穴釣り」のイメージが強いんだけど、べつにああいった所にしかいないというもんじゃない。本州・九州の湖にもいるわけ。この辺だと、例えば滋賀の余呉湖なんかはそうだね。わかさぎは足が早いようで、鮮度が命だそうな。本当に新鮮なわかさぎというのを食べたことがないから、一度味わってみたいもんですな。
e0173645_1662121.jpg

Jr.は、「おあそび」というキーワードが目に付くスマートボールへ。えらい、年季の入った盤ですなあー
ま、年季には勝てないJr.、惨敗ですな。
e0173645_1663348.jpg
e0173645_1663758.jpg

by nonbe-cclass | 2010-01-03 14:16 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17975286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「新梅田食堂街」攻防戦 初詣は「清荒神清澄寺」 >>