石橋の居酒屋「酒庵にしもと一力」

「久々に帰ってみるか」

そう思ってしまう雰囲気がここにはある。石橋は「酒庵にしもと一力」だ。
e0173645_15225153.jpg

からからと入口を開けると、そこには静かながら学生が集う空間がある。大きな居酒屋でどんちゃん騒ぎする光景を目にする一方で、「晩御飯食べにきたよ」と、学生の普段の生活上にある店なんだよね。なんだかC級呑兵衛ファミリーがおじゃまするのが申し訳ないくらい。

さて、この店なんだけど、まずは焼肉だ。
タン塩(900円)から。たっぷりとスパイスがかかって出てくる(これ見た目ほど全然辛くない)。適当に炭火網において焼き始めてたら、おかあちゃんが「生でもいけるくらいやから、さっと炙る程度でいけますよ」。おっ、そうなん。
e0173645_15231772.jpg

そして、ハラミ(600円)にロース(800円)。これ、焼いたらめっさ柔らかいんですけど。うまっ。果物をすりおろした特製こってりタレとの相性がまたいいんだ。
e0173645_15233270.jpg

生もの、いつもはレバーにしてるんだけど、今日は牛肉造り(800円)にしようかな。これユッケだね。これがまた食べ応えあるんだ。少し太めの短冊切り。うずら卵を落としてあるんだけど、ごまダレとかではなく醤油でいただく。
ん~にく~肉肉にく~
e0173645_15235148.jpg

「ホンマ実家に帰ってきた感じやな」
Jr.がライスを注文したんだけど、そもそもメニューでは「ご飯」でもなく「めし」(200円)。
少し大きめの茶碗にどさっと「めし」、そして塩昆布が添えられてきた。漬物(250円)も、家で出てくる感じでグー。
e0173645_1524932.jpg

この店は焼肉の店でありながら、炉端の店でもある。ししゃも(300円)やしいたけを注文。隣の人が食べてる鮭も美味そうだ。
e0173645_1524242.jpg

鮭茶漬(400円)を注文すると、「ん~このあられどこかでみたような気がするんですけど」と思いながらも、おかあちゃん曰く「鮭は焼いてほぐしたものだから、端の部分とかは少し硬いかも」
嬉しい一杯だ。
e0173645_15243710.jpg

焼肉と炉端が両方楽しめるって酒飲みには有難いもんですな。これ、もともと焼肉「一力」と炉端「にしもと」が別々にあったところを合併したことから、こういった形態になっているわけ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒庵にしもと一力
場所:池田市石橋1-10-5
時間:17:00~21:00
電話:072-762-3567

by nonbe-cclass | 2009-12-29 11:17 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17975023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋のラーメン「昇龍」 石橋のお好み焼き「芳月」 >>