梅田の居酒屋「心屋」

この間、飲みに行くことがあって、久々に北新地に足を踏み入れた。
北新地とは言っても、居酒屋さんだけどね。
梅田で日本酒を飲もうとすると、それなりに店を探すことになるんだけど、今回の店も、そのライン上では必ず名の挙がる店ですな。
「心屋」だ。スナックや会員制ラウンジが入るビルの中にあり、向かいの店からはカラオケが漏れ聞こえるような環境で頑張っている。
e0173645_843255.jpg

付きだしは、新じゃがいもの煮物、サーモンのさつま揚げ、白魚とアスパラのゼリー寄せ。
新じゃがいもがしっとり柔らかいですなぁ。どれも、ひと手間かかった一品。
e0173645_842317.jpg

造り盛り合わせ6種盛り(2380円)は、丸鯵、鰤、穴子、アオリイカ、天然鯛、本鮪。穴子と鯛は炙りなんだけど、特に、穴子が抜群。ちょっと炙ってあるだけでもちろん造りなので、噛むほどに甘みが広がる。
e0173645_843438.jpg

草間彌生のアート?違う違う・・・バイ貝旨煮(680円)。お大根と一緒にしっかりした味で煮つけてますな。
e0173645_844453.jpg

季節の海の幸とろ~りオムレツ(680円)に、ハマグリ酒蒸し(680円)。
オムレツは卵がふわふわで、中にはキューブ上の具材がごろごろ入っている。
e0173645_845491.jpg
e0173645_844480.jpg

ウニジャン(700円)・・・それってウニじゃん!そんなことを、メニュー眺めながら心で思っている段階で脳レベルが分かってしまうが、ウニジャンとは、ウニにコチジャンを和えたもの、それで、「うに醤(ジャン)」ですな。
どうだろう、この店のものがそうだったのかもしれないけど、コチジャンと和えたという感じがしなくて、その点では辛みも感じなかったね。味噌的な合わさり方で味にコクが出ているので、日本酒アイテムにいいですな。
e0173645_85677.jpg

丸ごと?大根サラダ(680円)。
何故、「丸ごと」に疑問符がついているのか?大根丸々使ったサラダだとものごっつい量になるしな・・・
で、来てみたら、あまり特徴的な部分がなかったので残念。あ、これを見て俺らが思うわけか、「え、丸ごと?」(悪意はありません笑)
e0173645_845729.jpg

干し明太子(700円)に、菜の花お浸し(480円)。あー明太子が伸した状態で出てきた~これを少し炙ってるわけですな。完全に日本酒アイテムだな・・・
e0173645_85849.jpg
e0173645_853181.jpg

酒はいくつか呑んだんだけど、1つ紹介を。大分は小松酒造場の「豊潤」純米辛口(900円)。
ずっと休業していた酒蔵を復活させ自家醸造を始めている醸造元ですな。切れがよくあっさりしていて、でもバランスのとれた味わいが美味いですな。
e0173645_851827.jpg

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:心屋
場所:大阪市北区堂島1-3-33 新地萬年ビル2F
時間:11:45~14:00 17:00~24:00 (L.O.23:00) 日祝休
電話:06-6147-2317

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2012-05-04 09:36 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17906305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 日帰り丹波・福知山ドライブ(1) 石橋の居酒屋「さとり」 >>