南森町の居酒屋「萬作」

先日、番組の音入れに南森町へ出た時のことだ。
収録を終えて、ナレーションの伊舞なおみさん、制作スタッフ陣と共に食事をしようということになり、天神橋筋商店街を歩く。
「ここの、肝がめっちゃ美味いんですよ」と、案内された店が、焼鳥の「萬作」だ。
e0173645_13113545.jpg

ではでは、その肝をいただきますか。きも造り(580円)を。
意外とボリュームありますな。お、2種類の肝で出て来たぞ。
e0173645_13104977.jpg

白い方は、見た目そのまま「白肝」。同じ鶏肝でも、フォアグラ状態・・・つまり、脂肪肝のものを言うわけ。栄養を摂ろうとするのは卵を産む雌鶏だけど、そうだとすると、鶏肉そのものは食用としてはあまり流通しないことになるから、結果的には、希少なメニューになってしまう。
これがまた美味い!バターの様なねっとり感に、このコクというか味の深さは絶品ですな。

肝と同様にこの店の人気が、つくね(120円)。
もちろん焼き上げてあるんだけど、蒸したようなふわふわ食感が魅力。じゅわっとジューシーですなぁ。
e0173645_1311925.jpg

ねぎま(140円)に心(140円)。く~やわらけ~
タレはしっかり濃いめの味わいなはずなんだけど、しつこくないから、ナチュラルに串が進んでしまう。心ウメー
e0173645_13104491.jpg
e0173645_13111918.jpg

鶏以外に、豚ねぎ(140円)や牛串(240円)もあるぞ。
e0173645_1813598.jpg
e0173645_1821375.jpg

一品も色々あるんだけど・・・ん?これ・・・池田の焼鳥「コケコッコー」でも同じ話を聞いた気がするんだけど、オール巨人直伝のねぎオムレツ(250円)もあるわね。大粒のらっきょうが爽やかでいいねー
e0173645_13103442.jpg
e0173645_13113052.jpg
e0173645_1311883.jpg

塩焼きでは・・・かわ(140円)と、手羽先(180円)を。かわのカリカリ感がたまらんわね。
e0173645_1872051.jpg
e0173645_13115883.jpg

最後にご飯ものをいただくんだけど、焼おにぎりを頼んだのね。そしたら、おもちを頼むっていう人がいたから、それにも便乗して頼んじゃった。あまり、他ではないメニューだし、おもち美味しいもんね~
e0173645_13114421.jpg
e0173645_13112198.jpg

いやぁ満足満足!いいお店教えてもらったな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:萬作 天六店
場所:大阪市北区天神橋6-6-7
時間:18:00~26:00 火休
電話:06-6352-8808

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2012-04-21 18:21 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17824345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「とり竹 PART2」 阪急石橋駅に隣接する踏切 >>