十三の焼肉「昭和大衆ホルモン」

旧知の酒呑みメンバーから久々の連絡があり、とんとん拍子で呑むことが決まった。
予告通り、C級呑兵衛は十三に降り立った。

今回は、阪急十三駅西口をでてすぐ、「昭和大衆ホルモン」だ。
e0173645_1373836.jpg

ここのところの経済事情を反映してか、また、女性のホルモン焼きニーズが高いことからなのか、この「昭和大衆ホルモン」も急展開で店舗を広げているようだ。
メニューや店の感じから「情熱ホルモン」を引き合いに出すとイメージしてもらいやすいのかもしれないけど、それとは大きく違う点があるとすれば、「昭和大衆ホルモン」の母体は精肉店であることかな。

だから、メニュー見るとわかるけどその多さ、あまりお見かけしない希少部位も勢ぞろいって感じだ。

その日のおすすめで内容がかわる新鮮ホルモン6種類(1580円)はいっときましょ。
なかでも、食感とじゅわーっと広がる肉汁が美味い丸腸はオススメ。
e0173645_1383528.jpg

酒飲み集団なので、酒の肴系を頼もうと思いつつも、最初はがっつりタイプのハラミ(490円)を注文。ハラミだけでもいくつかメニューがあったな。
e0173645_1393333.jpg

酒呑みだすと、どうも塩もの(塩ダレ)に走りがちですなあ。ていうか、全体の呑むペースがやはり速い・・・

塩ねぎタン、塩コリコリ(490円)、塩上ミノ(790円)あたりが続く。コリコリあたりはまさに酒のお供にぴったりでしょ、おかわりしちゃったよ。
e0173645_1394820.jpg
e0173645_1395946.jpg
その他には気になるメニューをいくつか頼んだね。
「辛いんかなあ・・・」と、炎のハチノス(390円)に、注文すると「~ちゃんと~ちゃんとどっちがいいですか?」と聞かれた、おっぱい(490円)などなど。豊富なメニューに良心的な価格、そして味良しなら文句ないわね。

それにしても、焼肉メインの酒はよくあるけど、酒メインの焼肉は久々にきたな・・・
とか言っときながら、その後、しょうべん横丁の「平八」で、串かつ肴に飲み直してるんだけどね。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:昭和大衆ホルモン 十三店
場所:大阪市淀川区十三本町1-1-16
時間:13:00~4:30(日祝~23:30)
電話:06-6302-8929

by nonbe-cclass | 2009-10-09 23:55 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17595352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 丹波篠山味まつり 石橋の居酒屋「Bonne」 >>