阪急うめだ本店周辺の通行規制

2011年から2012年は百貨店戦争、各所で建替えや増床が進んでおりますなあ。
大阪梅田だけでもどうよ、既存の百貨店はもちろんのこと、JR大阪駅リニューアルに伴い、新たにJR大阪三越伊勢丹も進出してくる。大阪の中心が、これだけ一気に工事にかかってるって凄いことだよね。

で、こうしたこともあって、この一帯、通行規制や通行止めなどがあるんだけど、C級呑兵衛的には、あの阪急百貨店のメイン通りからホワイティうめだへ降りる階段のところが通行止めになっていたのがインパクト大きかったんだけど、これがいよいよ通行できるようになった。少しずつ、生まれ変わる梅田が楽しみになってくる。
e0173645_12451275.jpg
楽しみといえば、人の動き。
ムービングウォークとその横の歩道、阪急神戸線寄りがいよいよ通行止めに入った。
サラリーマンをはじめ、普段から歩きなれている道が通行止めになったとき、どう歩くか迷ってしまう。
阪急梅田駅からムービングウォークを抜けると、JR方面、阪急百貨店方面、HEP方面からの人が交差する。
普段は、互いに避け合うことで、一定のリズムがあるような気がするんだけど、ちょっと普段と違う道を通らされることで、この交差ポイントはもうベトナムの交差点状態だ。「そう歩いてくるか」なんて。

近々、阪急とJRを結ぶ秒読みする横断歩道に向かう阪急側が通行止めになる。
工事の間は、普段あまり歩かない道も歩いて、梅田を楽しむことにしよう。

by nonbe-cclass | 2009-08-14 23:08 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17423727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ベラ釣り 石橋の居酒屋「結月」 >>