大阪府立総合青少年野外活動センター

e0173645_16485486.jpg

いやあ夏休みですなあ。
C級呑兵衛にはそんなもんはないんだけど、先週、仕事でキャンプに行ってきたぞ。
毎年この時期、お客様ご招待イベントということで実施してるわけ。場所は、能勢の大阪府立総合青少年野外活動センターだ。このキャンプ場、ものごっつい敷地で、確か日本一じゃなくて東洋一の広さだと聞いたことがある。

普段便利な生活に慣れているから、あえて自然の中で不便な生活をしてもらう体験イベントなんだけど、もー子供達は昆虫探しに必死ですな。この走り回る子供達を見ていると夏を感じますなあ。虫博士にも色んな説明してもらったんだけど、自分で採った虫を「これなんやろー」と虫博士の所へもっていって目を輝かせながら説明聞いてたね。
e0173645_16463646.jpg

で、実際に昆虫が採れるのかという話なんだけど、もっと絞って、クワガタやカブトムシが採れるのかっていうと、クワガタについては毎年何人もがゲットしてますな。でも、今回、夜みんなで仕掛けたトラップを次の日の早朝に見に行こうと道を歩き出したとたんに、「あ!カブトムシや!」

「おいおい、誰かサプライズで仕掛けたやろ」と思ってしまうくらい、目につくところの葉っぱにへばりついていた。しかもタイムボカン仕様のオスですな。

施設の人も毎年言うんだけど、このあたりではほとんどカブトムシは採れなくなったそうな。だから、今回は施設の人もびっくりしてたね。カブトムシ1匹にギャラリーが・・・ブラッド・ピットみたいだね。

C級呑兵衛は、昆虫もいいんだけど、マイナスイオンが炸裂してそうな、この緑と川のせせらぎが癒されますな。川でも沢蟹とったり・・・現代っ子でも、こうした自然の中で、自分で遊びを考える力はちゃーんと持ってるんだよね。
e0173645_1646103.jpg

このイベントでは恒例のダッチオーブン。塩コショウでしか味付けしてないのに、野菜の甘みで猛烈にいいダシが出るんだよねー
e0173645_16454132.jpg

飯盒、懐かしいという人ないですか?今年の夏休み、飯盒やってみるのもええですよ。
e0173645_1648636.jpg
因みに夜、スタッフが車で施設から麓に下りる途中、野生の鹿に出くわしたそうな。

夏休みの過ごし方の一つとして、是非。

by nonbe-cclass | 2009-08-02 10:25 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17290465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「桜井地区納涼の夕べ」と「石橋... 石橋の居酒屋「ちりとてちん」 >>