石橋の居酒屋「ちりとてちん」

随分とご無沙汰しちゃってるよなあ・・・

一人で食事する機会が出来、しかも少し時間が早めだったこともあり、ここは久々に暖簾をくぐってみるか。どうも間が開きすぎると、敷居が高くなっていかん。
石橋、井口堂交差点に、ひときわ大きな赤提灯。「和食巧房 ちりとてちん」だ。
ここに来れば、旬の美味いもんとこだわりの酒が保障されているもんね。
e0173645_12391499.jpg

洒落のきいた品書き、「きちがいメニュー」。気違いにばってん、季違いだって。
松茸かあ。梅雨も明けないこの時期に早いね~松茸の土瓶むし(1500円)に、鱧と松茸の天ぷら(1200円)かあ。え?よだれ出てる?

造りが食べたかったので、魚にしてみるか。
これ・・・サンマなわけ。サンマ ハーフ&ハーフ(980円)にするか。ハーフ&ハーフって・・・これ半身を造りに、半身を焼物にしてくれるんだって。
まずは造りがやってきた。半身とはいうものの肉厚の光り輝く逸品。しょうが醤油でいただく。
かーっ!美味い!脂がめちゃくちゃのってるし、口の中でとろけるようですな。
e0173645_12474129.jpg
そして、焼物なんだけど、
本当に期待を裏切らない・・・いや、期待以上のものが出てくるから凄いんだよな。塩焼きかなんか出てくるのかと思いきや、松茸をサンマ身で巻いて出てくるんだもの。もー、サンマのふわっとした身がホクホクでうめー。松茸の食感との相性も抜群ですな。
e0173645_12495694.jpg

ビールよりも日本酒だわ。まずは手取川 吟醸(720円)をいただくかな。すっきりした味わいの中に旨みがばっちりやってくる、C級呑兵衛も大好きな酒だ。

そして、おすすめの活穴子のたたき(1050円)をいただこう。もうねえ、黙ってニヤついて一人で食べさせて(ま、食べてるんだけど)。いま穴子を焼いてタタキにしたものだから、温かくてこの柔らかさ。
e0173645_1249376.jpg
酒は、福寿 純米吟醸(700円)に。

箸休めにちりとてちんを。酒盗風味の豆腐(350円)ということで、酒飲みにはこの塩分たまりませんなあ。
e0173645_12484997.jpg

いやあ、やっぱり「和食巧房 ちりとてちん」最強。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:和食巧房 ちりとてちん
場所:池田市井口堂1-10-13
電話:072-763-0511
営業:17:00~24:00 水休

by nonbe-cclass | 2009-08-01 18:45 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17289595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大阪府立総合青少年野外活動センター 伊丹の餃子「大阪王」 >>