蛍池の居酒屋「車」

蛍池と言えば、強豪が軒を連ねる焼肉ストリートのイメージが強いんだけど、今回は焼鳥行ってみるかな。

ちょっと前に「入ってみようか」と暖簾をくぐったところ、客満載で断念してたんだよね。
「さしの花」「たかみ」「佳路」などがある焼肉ストリート、この通りにある店「車」だ。
e0173645_15201850.jpg
宮崎地鶏「地頭鶏(じどっこ)」をはじめ、宮崎にこだわった料理が楽しめるわけ。

じゃあ、さっぱりと鶏たたき(700円)でもいくかな。
炭火で炙ったもも肉を短冊切りにし、ここにたっぷりのねぎと生姜。これを特製のポン酢でいただく。
お~柔らかくて味わいのある鶏ですなあ。
e0173645_15171528.jpg

串は1本単位で注文できるのね。
ねぎま(230円)に、つくね(230円)mせせり(180円)、手羽先(250円)・・・
およ、ここのつくねは、中華の肉団子みたいに、外は香ばしくかりっとした感じ、中はほくっとジューシーに仕上がった逸品。
e0173645_15173256.jpg

来た来た。むねの炭火焼(750円)。火柱上げた炭火で炙る宮崎スタイル、見てくれは黒っぽいんだけど、
これうまいんだよなあ。
ん?ビールもいいんだけど、ハイボールがあったのでこれにしよ。
e0173645_1518475.jpg

注文してから茹で上げるので、このタイミングで出てきたのが枝豆。
6月のおすすめということで、枝付き枝豆(550円)・・・お、そのまま出てきたな。
e0173645_15182030.jpg

さて、焼鳥メニューではあまり見かけない数量限定もあるぞ。
フィレ串(230円)にソリ串(250円)ですな。
e0173645_15185225.jpg

あっ・・・フィレが1本しかない、あとはソリにするか。
「ソリ」は「反り」ではなくて、おフランスの言葉ですな。
ソリレス・・・「愚か者はそれを残す」という意味で、ももの膝あたり、鶏1羽から2個しかとれない希少部位でございます。
フィレの柔らかさも捨てがたいけど、このソリの食感と滋味もいいですぞ。ぜひ。
e0173645_15192493.jpg

でまあ、鶏の話ばかりで来たけど、最後は宮崎は夏の郷土料理ということで、冷汁(800円)。
いりこ、炒りゴマ、豆腐の入った冷たい味噌汁仕立てをご飯にかけ、木の芽・大葉・ねぎの薬味でお茶漬けのようにいただく。
以前、長野・小諸でくるみそばを食べたことがあるんだけど、それを思い出したなあ。
このとろっとしたのが、少し香ばしさと甘みがあるんだよね。
e0173645_15194859.jpg

いや~食べた食べた。
わざわざ店員に「これ美味いねー」と伝える客もいたりして、機会のある人はぜひ行ってみて。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:宮崎地鶏炭火焼 車 蛍池店
場所:豊中市蛍池中町4-4-11 エアーセンタービル1F
電話:06-6843-8785
営業:月~木・日17:00~25:00(金・土・祝前は~3:00)

by nonbe-cclass | 2009-06-27 13:35 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17221380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 池田姫室町で火事 石橋の寺院「佛日禅寺」 >>