恵比寿の居酒屋「縄のれん」

東京は恵比寿に立っていた。
イニシャルH氏・イニシャルM氏と合流すると、
イニシャルH氏曰く、「取り合えず『縄のれん』行きます?知ってます?」

行ったことはないんだけど、店の評判は何故か知っていた。早速、店に向かってみることにした。
e0173645_1219227.jpg

「縄のれん」は、昔ながらのおっさん系立呑屋だ。まー店内は一杯ですな。
店に入り人数を聞かれたかと思うと、「そこか奥ならいけるからー」と店の兄さんが大きな声で話す。

が、それは既にいる客に、器などを結構よけてもらって割り込めば・・・という条件だった。
でね、もたついてると・・・大きな声が響いた。

「だからさあ、そこか奥ならいけるって!帰るならそれでもいいし、場所は自分達で作って。俺はそこまでしてやれない。」
こうきたわけだ。

で、カウンターの一番奥、
隣りの客に少しスペースを作ってもらい、ようやく落ち着くことができ、そこで細々と暮らしていくつもりだった。

兄さんのインパクトで気付かなかったが、他に白髪のおとうちゃん、おかあちゃんがいた。
おかあちゃん曰く、「そこ狭いから、こっち(厨房側)まで入っていいよ」
じゃあ、ということでC級呑兵衛だけ中へ・・・おかあちゃんと同じ客の方向を向いて、呑むことになった。
e0173645_121921.jpg
e0173645_12191270.jpg

店は、もつ焼とハイボール。
ハラミ、シロ、カシラなどを串焼きしてもらうんだけど、人気で品切れも始まっているじゃあないか。注文もタイミング良くしていかないと。
豪快にステーキとして焼くバージョンもあって、見ているだけでも面白い。
e0173645_12191788.jpg
e0173645_1219738.jpg

ハラミを筆頭に串がジューシー&肉厚で美味い!
ハツコリのような塩焼きのコリコリも大き目のカットで食感が存分に楽しめる。
あと、串じゃないけどもつ煮込みが絶品。甘ったるくなくてあっさりといただける。

店の兄さんは、忙しい中でキレモードではあったんだけど、
ちょっとの合間には横通るときに声かけてくれたりして、決して無愛想じゃなかったな。おかあちゃんも愛想いいし。
正直はじめはどうなるかと思ったし、店のことを色々書く人もいるんだけど、C級呑兵衛はとても居心地良かったなあ。
時間が築き上げたものか、人が築き上げたものか・・・一言では表現できない魅力がこの空間にはあったぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:縄のれん
場所:東京都渋谷区恵比寿西1-8-4
電話:03-3496-2919
営業:18:00~22:00 土日祝休

by nonbe-cclass | 2009-06-06 00:12 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17216047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 高槻のタイ・バリ料理「熱帯食堂」 池田の地酒「緑一」 >>