高槻の「高槻フィールドアスレチック」

「ばかやろーっ!」
Jr.にそう叫んでいるつもりが、実は自分に向けてだったのかもしれない。

日曜日は、夜中にも雨が降り、朝も少しぱらつく感じのどんより雲。
「今日営業してんのかよ」と思いつつも、Jr.が土曜日から妙に「アスレチック行きたい」とまとわりつくので、雨上がり、アスレチックに出かけることになった。

阪急高槻市駅を下りて市営バスを待っていた。向かう先は、「高槻フィールドアスレチック」だ。
上成合という山手の駅で降りて、10分弱歩いたところにある。
おいおい、ここが入口かあ?ちゃんと、やってるんだろうね。
e0173645_1153299.jpg

こんな雨の後だ、人も来てないだろうし、地面や器具も濡れててダメなんじゃないの?
・・・とか思ったが、いざ受付に来るとえらく人がおりますなあ。

ゼッケンを渡され、いざ。
コースは2つ、民話コース(35ポイント)と史跡コース(25ポイント)。民話コースからチャレンジしてみる。

「・・・。」

施設内の設備(例えばトイレや更衣室など)はあまり万全とは言えないが、弁当を広げて食べる場所はいくらでもあるし(テントつきベンチなどもあるぞ)、何よりもフィールドアスレチックを楽しみたいなら、ここは完璧かもしれない。まったく・・・運動不足の親泣かせなコースで、山の斜面を巧みに利用してくれちゃっている。ポイントの器具にチャレンジせず、急勾配の山道を歩くだけでも、かなりの運動量になるぞ。
e0173645_115333100.jpg
e0173645_11534224.jpg

家族で楽しめるのは楽しめるけど、「これ大人用に作ってるだろー」と疑いたくなるものもいくつか出てくる。
子供も小さいと、いくつか飛ばしていかないとだめかも。ま、C級呑兵衛は別の意味で幾つか飛ばしていきたいけど
一方、釣り橋(一本の竹が足場で下は池)など、アイデアポイントもあるのでわくわく感もあるぞ。
e0173645_11534748.jpg

どうだろう、1つのコースを回るのに1時間半から2時間くらいかしら。
何だかんだ天気も良くなって、森の中は清清しい空間。その中で息切れてフガフガいうC級呑兵衛。

休みの日にこんな辛い目にあわせやがって・・・もあるけど、
自分の体力のなさに「ばかやろーっ!」・・・山でそう叫べば、きれいにこだまして「お前やろ」と返ってくる、まさにそんな状態でしたな。

ちなみに、この高槻フィールドアスレチックには特筆すべき点がまだある。
一つは、猪が檻の中で飼われているので、近くでみられるぞ。

も一つは、子供達に大人気。ここでは「モノレール」と称されているようだが、農作用か何かの機械モーターがベースかしら、人を乗せて、急斜面をゆっくり登って戻ってくる乗り物があるのね。
遊園地じゃないんだから、そんな列待ちしなくても・・・
e0173645_11535230.jpg
e0173645_11535779.jpg

何でも揃っている環境じゃなく自然が中心で、人が関わるところはとても手作り感満載。のんびりとした時間が心地いい。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:高槻フィールドアスレチック
場所:高槻市成合北の町242
電話:072-688-8281
営業:9:00~17:00 無休

by nonbe-cclass | 2009-06-01 22:18 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17215937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 池田の地酒「緑一」 池田の散策スポット「星の宮」 >>