十三の居酒屋「十三屋」

もーいっつも人が満載ですなあ。
他の店が空いていても、ここだけには人が集まってるんだよな。
e0173645_1641297.jpg

十三はしょうべん横丁、その名も「十三屋」
いいタイミングで入ることが出来た。
カウンターに腰をかけ、まずは生ビールを頼む。

「んー」

壁の至るところに一品メニューが貼ってあるんだけど、目移りしちゃって何にするかすぐに決められないや。
目の前に、南蛮漬けがタッパに入っていたので、「これ下さい」と時間を稼ぐことにした。

これで最後かなって感じで、タッパをさらえて器に盛ってくれる。
レモンもたっぷりだ。
「ぬおっ!すっぺー!」
南蛮漬けって、ホント店によって味が違うんだけど、ここはレモンと酢の酸味がよくきいたタイプだ。
甘味が勝つタイプが多いけど、C級呑兵衛はこのすいータイプの方が好みだったりする。
e0173645_16412415.jpg

「ほー常連客は、麦焼酎の水割りを『麦水』って注文するんだあ」
「意外と女性客もいるなあ」
「お、あのおっさん酔ってる酔ってる」
メニューを眺めながら、店内を観察。
店内は照明も結構明るくて、オープンな感じ。

「ん?あれ?」
さっきから、気になるんだよなあ。メニューには見当たらないのに、 「上まぐろ造り」があちこちで注文されている。大きめの短冊(もーキュービック)が美味そうだ。

「あ!」

向こうの壁、ここからいい感じで見えにくい位置にホワイトボードを発見。そこに、オススメ書いてるじゃん!
チクショー、100%確認は出来ないわけ・・・これ以上無理すると、ここで器械体操かイリュージョンを披露することになるから。
でも、確認できる範囲でかなりテンションがあがった。

つぶ貝あるじゃん・・・天然つぶ貝造り・活(500円)をもらおう。
貝が好きなC級呑兵衛、つぶ貝の食感には目がありませんからなあ。
このボリュームで、この料金はいいんでないかい。
e0173645_16413584.jpg

あと、子持ちしゃこエビの造り(500円)ときたか・・・
これは外せないな。しゃこの造りもあまり見かけないけど、そこに子持ちときたもんね。
しゃこが苦手だという人が結構いるけど、C級呑兵衛は好きですなあ。
ほー、鉛筆の芯みたいに身の真ん中に卵が詰まっているのね。
e0173645_16413874.jpg

しゃこって、どちらかといえばべチャッとした食感なので、ここに細かいつぶつぶが加わり和え物食べてるみたい。
んー日本酒がほしくなるなあ・・・
「すいません、お酒ひやで」「常温?」「うん、常温で」
コップになみなみと注がれた酒をチビチビやりながら、しゃこの潮臭さとつぶつぶ食感を楽しむC級呑兵衛だった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:十三屋
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-3
電話:06-6308-1778
営業:10:00~22:30

by nonbe-cclass | 2009-05-19 17:17 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17187011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-04-19 14:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-20 21:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 新型インフルエンザ 十三の居酒屋「イバタ酒店」 >>