十三の居酒屋「むつき」

「まだ始めてから1ヶ月ほどですか」

居酒屋がひしめき合う十三、
今回は、阪急十三駅東側の立ち呑み屋の暖簾をくぐってみた。

「むつき」だ。ネット初登場かしら。
e0173645_16152716.jpg

10人は入れないか・・・くらいの小さな空間だけど、安いし、おねえさんとのトークが続くアットホームな店だ。
ビール(350円)に、高菜の田舎漬(120円)と、ほたるいかしょうゆ漬(180円)をもらおうかな。
ホワイトボードにメニュー、料金は3種類で120円、180円、240円と泣ける。
e0173645_1615209.jpg
e0173645_1615259.jpg

おねえさんの話によると、
現在でも、川西能勢口駅近くでたこ焼きの店をしているそうで、常連が多く地元にすっかり溶け込んでいるみたい。そこに加えて今回の出店なんだけど、阪急沿線で色々物件を探したところ、ここが手頃だったという。

十三、ここ周辺のオススメや、川西の居酒屋事情などで会話が続く。
「あ、酒がなくなった・・・焼酎を」「わ、安!」
焼酎は240円。

日曜日は十三の居酒屋が軒並み定休日という中、
「むつき」では日曜日の営業も始めたという。是非、頑張ってほしいところですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑・喰 むつき
場所:大阪市淀川区十三東2-11-11
営業:16:00~21:00(日は14:00~)

by nonbe-cclass | 2009-05-17 23:13 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17186913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 十三の居酒屋「イバタ酒店」 梅田のカレー専門店「上等カレー」 >>