阪神なんば線の連結作業

みなさんはラッシュ時間帯に阪急電車に乗ることはあるのかしら。
C級呑兵衛は朝、通勤急行を見送って次の準急に乗るんだけど、これまた混むんだ。
急行の場合は、電車が石橋に着いた段階で既に混んでる状態なわけ。
これが準急の場合は、曽根まで各駅に止まるから、曽根でぎゅうぎゅうの状態になる。
結局、急行を見送る必要性があるのかどうかも毎日悩みながら、また準急に乗っている。箕面発の通勤準急ならもっと楽かもしれないんだけど。

で、準急は昼間と同じ8両編成なんだけど、
朝のラッシュ時、一部の列車は10両編成になるのね。先の通勤急行なんかだと10両になっている。
たまにだけど、9000系8両の前に7000系2両が増結だったりする。
初めて見た時、「え?それってありなんや」と心の中で叫んだものだ。

こうした増結車両はどこかで切り離されることになるんだけど、
通勤急行宝塚行きなのに、増結分の後ろ2両は、行先表示幕は「宝塚」なんだけど、その下に「この車両は雲雀丘花屋敷まで」なーんて書いてある。
写真は新開地行きだけど「この車両は西宮北口まで」バージョンですな。
e0173645_151002.jpg

C級呑兵衛は何度も見てるけど、阪急電車の切り離しや増結は、見る人は毎日のように見てるんだろうけど、そうでなければとことん見ることがないんだろうね。

ここからは阪神電車の話になるけど、尼崎駅での話し。
e0173645_1584685.jpg

阪神なんば線で切り離し、増結が頻繁に起こっている。
奈良方面から来た列車は尼崎で4両ほどかな・・・切り離し、逆は尼崎で増結。
e0173645_1584364.jpg

駅のホームで旗を振る駅員が、運転手に次の作業を指示。
私鉄でこうした作業って、やっぱり珍しいと思うんだけど、
尼崎駅では鉄道ファンだけでなく、一般の人もわざわざ降りてきて、じーっと観察している人もいたぞ。

by nonbe-cclass | 2009-05-10 23:29 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17186650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「とり竹 PART2」 服部の讃岐うどん「山善」 >>