石橋の焼肉「五色亭」

「あの青唐とニンニクが食べたい・・・」
時々、思い起こさせられるね。

石橋にある焼肉「五色亭」だ。
池田木部や川西にもあるから知っている人も多いんだけど、韓国料理も扱う焼肉店だ。
e0173645_14134928.jpg

いやね、冒頭の話が何かって言うと、
肉はちょっとおいて、ここのサンチュセットが好きなわけ。
サンチュ(韓国名)とはチシャ菜(和名)のことで、焼肉を包んで食べる葉野菜なんだけど、
この店ではサンチュとゴマの葉、そして青唐辛子にニンニクスライス、味噌がついてくる。
e0173645_1484532.jpg

これらを総動員して肉を巻いて食べると、この生の青唐辛子とニンニクがえらく主張してくる。
食べ方しくじると、舌がジンジンする辛さがお見舞いされる。

韓国に仕事で行ったとき、そこで食べた焼肉は、とにかく肉よりも野菜の多さに驚かされたのね。
肉を巻く葉も幾種類もあり、肉と一緒にキムチ・・・これも色んな種類のものがあって、肉一つ食べるのに一緒にどれだけの野菜がついてくるのよ状態だった。
今まで、肉肉肉~だったのが、この日を境にサンチュ(チシャ)を注文するようになった。

・・・が、日本では韓国のようにはいかない。
チシャ(レタス)を注文すると、本当に普段食べているレタスが出たところもあったし、
基本的にどこもちょっとした量しかなくて、何回追加しなきゃならないのよ状態なのだ。
それが、この「五色亭」では期待に応えてくれる。

ごわごわのサンチュに巻けるもの全部のせて一気に頬張る。

なんかポパイみたいになってるけど・・・
これ、ニンニク、臭い凄いことになってるんだろうなあ。うん、美味い!
e0173645_1491971.jpg

生レバやハラミはいつものように頼むんだけど、
中落ちタン(750円)というのを頼んでみるかな。
普段食べる塩タンに比べると、その食感も生きつつ合間合間にコリコリっとした食感が味わえる。
でも、全体的に柔らかくて噛むほどに旨みが出てくる。
e0173645_1481128.jpg

ここのシメは、やはり韓国冷麺。
酢をたっぷりかけて、歯ごたえのいい麺を一気にすする。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:五色亭 石橋店
場所:池田市石橋1-22-18 パークプラザビル1F
電話:072-762-0429
営業:17:00~26:00

by nonbe-cclass | 2009-05-07 23:36 | ・阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17186434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 戦国武将「荒木村重」 携帯電話攻防戦 >>