梅田の居酒屋「とり平」

久々に暖簾くぐらせてもらうよ。
「いらっしゃいませ!あっ、どうも」

ここ暫く来てなかったからなあ。でもなあ、やっぱり恋しくなるあの焼鳥の味。
新梅田食堂街にある焼鳥の「とり平」だ。
e0173645_13323426.jpg

新梅田食堂街を普段横目に通り過ぎている人は、要チェックですぞ~
蕎麦屋ができたり、タイ料理の店がが出来たりしてるんだから。

おっさんのたまり場的な店が並んでるんだろうと思う人もいるかもしれないけど、
この「とり平」、創業50年以上続く老舗中の老舗だ。
カウンターだけの小さな焼鳥店、暖簾はあってもオープンだから、通る人通る人が「おっやってるやってる」てな感じで様子を確認しながら通り過ぎる。

席に座ると、まず付出しとして焼鳥がでてくる
e0173645_13311868.jpg

これは、合鴨の身と皮ですな。
あと、口直しに大根おろしにポンズがかかったものが出てくる。

この店のタレ焼、創業以来の秘伝のタレなんだって。
付出しのねぎまの後には、やはり・・・ネオポンポン(1皿2串500円)だな。
三角(ヒップ)のことなんけど、これが絶妙な歯ごたえなんだよね。
e0173645_13312652.jpg

普通は柔らかくて脂っぽいものが多いんだけど、ここはシャクシャクとした固めの歯ごたえがいい。あと、挟んでいるものが玉ねぎで、こいつとセットなことで、とてもあっさりいただける。お替りしちゃったよ。

あと、ネオドンドン(心臓:1皿3串450円)ね。
この柔らかさとプリプリ感は素晴らしい。
e0173645_13422089.jpg

おっと、いつの間にか席が埋まってる。
通りすがりに横目で見ながらも気にしてるでしょーそこのあなた、席空いてますよーそんな人が多いぞ。入りゃいいのに。

若鳥手羽先(500円)、これがまた美味いんだな。
外側パリっとした感じで焼き上げてあるんだけど、中がジューシーで酒が進むっての。
e0173645_13313050.jpg

ゴールデンウィーク中でも営業してるんだ・・・
ささ、適度に昼酒を切り上げて、次の人に席を譲るかな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大阪一とり平 本店
場所:大阪市北区角田町9-10(新梅田食道街)
電話:06-6312-2006
営業:平日15:30~22:30、土曜日12:00~22:00 祝12:00~21:00 日休

by nonbe-cclass | 2009-05-05 13:45 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17186265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 讃岐うどんツアー~うどん冨永 さぬきうどんツアー7 >>