さぬきうどんツアー7

絶対こんな時に敢行しちゃいけないんだよ。
でもね、C級呑兵衛はネジとんでるからやっちゃうんだよな。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー7」

前のブログから見てもらっている人は「そら、またきた」なんだけど、
以前から、日帰りで讃岐うどんを食べにファミリーで出かけることがたまにあるわけ。
今回はそれも、もう第7弾になってしまった。
淡路島まで行ってるわけよ、であれば足を伸ばして「1日くらいうどん食べさせなさいよ」ということで、4日朝から出発し香川へ入る。
ETC割引&ゴールデンウィーク、しかも何かとテレビで讃岐うどんが取り上げられている中、無謀ともいえる1日が始まる。

直近に出かけた「さぬきうどんツアー6」なども気になる人は、アーカイブをみてね(http://cnonbe.exblog.jp/)。「さぬきうどんツアー6」等で検索すると出てくるから。

さて、1軒目は「うどん冨永」だ。
「宮武」直伝の店として知られている。20分も待たずに入ることができた。
冷玉うどん(350円)ですな。
e0173645_13112685.jpg

水でしめた麺に、温泉玉子(とは言っても結構生卵に近かった)を落として一気にすする。しっかりとしたコシがたまりませんな。

2軒目は「中村うどん」だ。
同じ丸亀なんだけど、「ネギを裏の畑で自分で採ってくる」伝説で有名な「なかむら」の兄弟店だ。
ここでは待ちで撃沈したね。「あ、そんなに・・・」と思いきや、曲がり角から向こうも延々と行列が出来ていた。
かつての「日乃出製麺」以来の2時間待ちだ。

が、ここの釜玉(250円)は美味いわー
麺は表面は柔らかいのに、コシがしっかりしているなあ。あつあつに玉子の甘さと醤油の塩味さが絶妙ですな。
e0173645_13113022.jpg

あらら、時間が随分と経ってるな。急がないと・・・
3軒目は「木田酒店」だ。
え?間違ってないよ。酒店です。
「日乃出製麺」の道路挟んで向かい側にある。

酒屋なんだよ。でも、うどんもやってるんだよね。
店入ると、店内の真ん中にテーブル席があるんだよー
店のおかあちゃんが気さくで、色々話しかけてくれたよ。
かけうどんにしよ。ここの麺、実は日乃出製麺なんだよねー
e0173645_13113677.jpg
e0173645_13114083.jpg

今回最後は、高松にある「うどん棒 本店」だ。
もう14時は回っているというのに満員御礼だ。

ここまで来ると、あまりがっつりもいけないので、
メニューにはなかったんだけど生醤油うどんにした。
シンプルだけど、やっぱりこの食べ方が美味い。
e0173645_13114747.jpg

楽しい時間はそう長くは続かなかった。
16:30頃、高松を後に一路大阪へ向かって車を走らせる。

「・・・」

「・・・」

まず、四国を抜けるだけでも大変でしたな。
淡路島に入れたときには、もう19:50になっていた。普段ならとっくに大阪に戻ってるよ・・・
「結局何してんのよ」ってなことにはなるんだけど、淡路島入ってすぐのICで下りて、一気に一般道を走る。明石大橋手前の淡路ICまでは快適。

が、この明石大橋を渡るだけで30分以上かかるときた。
何だかんだで、家に着いたのは24時前でした。

とにかくね、事故多すぎ。
何でそこで事故するかなーというようなところでやってくれるから。
まだ週末まで出かける人も多いだろうから、くれぐれも安全運転で。
あ、それと「讃岐うどん行こ!」と思ってる人は、食べすぎに注意ね。

by nonbe-cclass | 2009-05-04 23:58 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17186181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅田の居酒屋「とり平」 ファッションセンターしまむら >>