まさかの久美浜・神鍋1泊2日(3)

まさかの久美浜・神鍋1泊2日、今回のお宿は久美浜の「民宿わだ」。民宿に泊まるのって何時ぶりだろう・・・この通りには、この宿に同じく民宿が軒を連ねる。ただ、城崎などと異なり、飲食店や遊べるところがあるわけではないので、静かな街並みっといった感じ。夏の海水浴シーズンはまた違うかもね。
e0173645_7425046.jpg

6畳の部屋でトイレ・風呂は共同。
食事は18時にしたんだけど、部屋食ではなく「1階にお越しください」とのことだった。何だ、部屋食じゃないんだ・・・とか、思ってたんだけど、1階に行ってみると、客室単位で個室のように仕切られていた。テレビもあるし(部屋食も可能みたい。ただ、結果的には布団敷くところまでの時間を考えると、1階で良かったかな)。

さてさて、お食事は・・・
まずは、お造り盛り合わせ。さざえに白えびもありますなぁ。
e0173645_7425991.jpg

茹でかには一人1杯。
e0173645_7425541.jpg

かにの刺身もあるよん。
e0173645_743895.jpg

そして、焼きがに
この段階ですでに、腹は「落ち着いた」から、「ちょっとお腹いっぱいになってきてるんじゃないの」状態になっている。
e0173645_7431350.jpg

おっと、このタイミングで焼き牡蠣が出て来たぞ。
久美浜って、牡蠣の養殖もさかんみたいで、この時期旬ですなぁ。うめー
e0173645_7431742.jpg

そして、甲羅焼きに、天ぷら。甲羅焼き、蟹味噌たっぷりでコクあり香ばしさありで、たまりませんなぁ。
e0173645_7432194.jpg
e0173645_7432624.jpg

かにって何かとお腹膨れるから、もう結構・・・
で、ここで、はいドーン、かにすき
e0173645_743316.jpg

かにを嫌というほどいただいて、新鮮なお造りや野菜をいただいて大、大満足。
申し訳ないと思いながら、シメの雑炊は、まったく腹の余裕がなく断念。

「・・・。」
く、苦しい~部屋に戻ると布団が敷いてあったので、そのままダイブ。動けん・・・

ここから、テレビをだらだら見ながら、夕方に買い込んだビールとアテで時間を過ごす(おいおい、腹パンパンちゃうんか)。地酒、熊野酒造の純米吟醸「久美の浦」も買ったんだんけど、眠気に勝てず、こちらは、家に持ち帰りということで。

「まさかの久美浜・神鍋1泊2日」 続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】
●HDC「おつまみコンテスト」で審査員やりますのでよろしくお願いします~
e0173645_224065.jpg
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています~
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」では、各地のグルメやおすすめスポットを紹介!みてね~

by nonbe-cclass | 2012-01-07 11:35 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17175488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< まさかの久美浜・神鍋1泊2日(4) まさかの久美浜・神鍋1泊2日(2) >>