石橋のラーメン「昇龍」

何度か、このブログで紹介しているんだけど、昨年12月末に久々に立ち寄ったので、改めて書いとくかな。
石橋の「昇龍」だ。屋台のラーメンですな。

C級呑兵衛と「昇龍」との出会いは、そうですなぁ、15年は遡りますかなぁ。
その当時は、仕事も忙しかったけど、夜通し飲むことも少なくなかったのね。そんなところに、シメの一杯としてちょくちょく利用してたわけ。おかげで、その時の主人と顔なじみになった。
その主人はその後、「ビジネスホテルやさか」近くに、「やたい」という店名でうどん屋を始めた。ラーメンは「昇龍」と食い合いになるため、元締めからNGが出、うどんになった。
その後、「とり竹」「安兵衛」そばのビル2階に移転し現在に至っている。
そういう意味では、「昇龍」は店名そのままに主人が代替わりしているわけだ。
石橋は店が多いので、商売をしている人達の利用が多いのも特徴だ。「ポポノタン」などもそうで、商店街に車が入って、「ポポノタン」前に車を突っ込んで営業しているのを見たことがある。

「来たよ~」を合図するチャルメラ。「昇龍」のチャルメラは、なんでだかメロディがおかしい。未だに謎だ。
この車を見たことがない人でも、家でチャルメラの音色を聞いたことがあれば、それは「昇龍」だ。
23時頃から、阪急石橋東口、国道176号線高架下で暫くの間ステイする。
e0173645_18104281.jpg

何にしようかなぁ・・・みそラーメン(650円)にするか。
軽トラ後部が厨房になっていて、もうもうとあがる湯気の中で、主人が準備をする。
e0173645_18104661.jpg

出来た出来た。
塩味が濃いめのスープにストレート麺。妙にスープが麺に絡んで、ズズズっと面白いように麺がすすれる。
酒飲みにはたまらんわね。
e0173645_18105066.jpg
e0173645_18105547.jpg

簡易イスが4つ、ここに腰を掛けて、フーフーしながらラーメンをいただく。
いつもなら、食べ終わったら器と割りばしを主人に渡すんだけど、
時間がたまたまだったのか、ごっつい酔っ払ったおっさんが注文をしようとしたからかは定かではないが、「次移動せなあかんから」とその場を車ごと移動してしまった。

「・・・。」

いやいや、俺はまだ食べてるんですけど。
屋台がない状態で、ラーメンをすすっている人がいる状況っておかしいでしょー
ま、もう一人客がいて、主人から「食べ終わったら、イスの上に置いといて」と言われていたのを耳にしたから、いいんだけど。
寒空に、あったかい一杯ですな。

C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています~

by nonbe-cclass | 2012-01-03 19:09 | 阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17162405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< おつまみコンテスト応募してね~ 12月の韓国大統領専用機 >>