恒例忘年会 瞬旅で鹿児島1泊2日(3)

指宿の旅館「吟松」に到着。わお、なかなか立派な旅館ですなぁ。
中に入ると中庭、その先には海が広がってるぞ。
e0173645_13162244.jpg

とりあえず、チェックインなんだけど、その段取りの間、フロアにある「談話室」に通される。
お、お抹茶と和菓子のサービスですか。いいね~
e0173645_13215393.jpg

部屋はオーシャンビューの和室、「菜の花の七」。
e0173645_13253447.jpg
e0173645_132555100.jpg

まずは、夕食までに、指宿名物砂風呂に行きますか。浴衣に着替えて、旅館を海側から出る。遊歩道として整備されていて、寒空の下、海沿いを歩く。
e0173645_1329075.jpg

砂風呂は、旅館にあるわけでなく、海岸沿いにある「砂むし会館 砂楽」を利用する。
これが、思ったよりも近代的な施設なんですな。スーパー銭湯みたい。
e0173645_1329980.jpg
e0173645_13291676.jpg

受付を済ませ、専用の浴衣に着替えて海岸へ。
夏であれば、海岸で日差しでも浴びながらなんだろうけど、この時期は、むしろで覆った屋内風スペースで。あー人が砂に埋まってるー顔だけ出てるー
e0173645_13292277.jpg
e0173645_1346029.jpg

砂をかけてくれるスタッフがたくさんいるので、とりあえず、案内されたところで仰向けになると、ぞわっと砂をかけてくれる。重いのかなーと思ったんだけど、どうだろう、重いというよりは、血圧測る時の腕にかかる圧迫感のような窮屈感が勝つかな。でも、それが苦痛とかまではいかなくて、シュラフで寝ます的な感覚に近いと思うよ。
熱いか熱くないか、それは、底面(背中側)の話で、耐えられない熱さを感じる場合は修正をしてくれるので大丈夫。じわーっと背中からぬくぬくしたものがこみ上げてきて、居心地がいい感じになってくる。時間的にはあまり長すぎても良くないようで、20分程度がいいみたい。これは自分で考えて、怪獣みたいな感じで自分で砂を崩して起き上がる。
その後は、施設内の温泉できれいに洗い流して、湯にもつかってさっぱり!

そして、旅館まで戻ってきたところで、今度は、旅館ご自慢の温泉に。
海が一望できる露天風呂に明るく照らす月。最高ですな。
e0173645_141157100.jpg

いい風呂に入った後は、美味い食事が待っている。
「え?食事は料亭四丁目?」
部屋での食事ではなく、食事場所に移動するんだけど・・・実際にそういったネーミングだった。に、加えて、これ何丁目まであるんだ・・・20丁目超えてんだけど・・・
e0173645_14204351.jpg

砂むし料理ですか。
前菜は、さつま芋黒砂糖煮・きびなご芋焼酎仕込み・種子島落花生豆腐。
e0173645_14205771.jpg

造りは、錦江湾六種盛り。
e0173645_1421331.jpg

合肴には、黒さつま鶏やぶしゃぶ。しっかりした肉質で滋味たっぷりの旨味。
e0173645_14211730.jpg
e0173645_14215050.jpg

テーブルが囲む中央部分には、ふつふつと温泉が湧く設備が・・・
ここで、温泉玉子を作るんですな。
e0173645_14212183.jpg

揚物は、砂むし(さつま揚げ)を黒酢タレで。これも、ここで揚げてもらえるのか。
揚げたてを頬張る。美味いに決まってるわね~香ばしくてうめー
e0173645_14213481.jpg
e0173645_14213753.jpg

酢物は、かつお腹皮、パパイヤ黒酢漬。
e0173645_14215620.jpg

酒は、青竹酒というのがあったので、こちらで一献。
e0173645_1422776.jpg

シメの食事は、五目わっぱ飯に、黒さつま鶏のり汁。ご飯がホクホクで美味いですなぁ。
e0173645_14221144.jpg

思ったより以上に、ボリューム感があって満足満足。

恒例忘年会 瞬旅で鹿児島1泊2日 続く。

by nonbe-cclass | 2011-12-29 15:08 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/17136897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 恒例忘年会 瞬旅で鹿児島1泊2... 恒例忘年会 瞬旅で鹿児島1泊2... >>