梅田の居酒屋「荒磯水産」

阪急梅田駅高架下、かっぱ横丁の中にある居酒屋「荒磯水産」
繁盛する居酒屋が軒を連ねるかっぱ横丁で、大漁旗や木箱などが目を惹く。
e0173645_834818.jpg

調理場を囲むようにカウンターがあり、それをさらに外側から囲むのがテーブル席。
寿司でおなじみの民芸茶屋「友栄」などのブランドをもつ会社が経営している。

店名からも魚介が楽しめそうなわけだけど、全国朝一で採れた食材を産地直送で仕入れているそうな。
カウンターに腰掛けて、と。
Jr.が枝豆を注文するときに合わせて、ゆずホタテ(380円)を。
ひもの部分をたっぷりの柚子と和えて。コリコリの歯ごたえがいいですなぁ。いい酒の肴~
e0173645_815860.jpg

造り盛は・・・荒磯盛(1980円)を。
サーモン、ひらめ、ぶり・・・これはトロに車海老ですな。
車海老甘いね~活けなので、食べて尻尾だけになっても、ピクピク動いてたぞ。頭の部分は塩焼きにしてある。
e0173645_82439.jpg

店長おまかせ鮮魚の天ぷら(680円)をお願いしたら、アカハタが出てきた。
名前の通り、ハタなんだけど小振りながら高級魚なんだそうだ。
切り身をみると、鯛のように見えるんだけど、身がふわふわであっさりしている。頭の部分も揚げてあるので、まるかぶり出来たぞ。
e0173645_823295.jpg

寿司好きのJr.は、単品で握り頼んでたな。
魚料理メインなので、他の居酒屋のように茶漬けや焼きおにぎりがないところが残念だけど、であれば、せっかくなので握りを楽しもう。
e0173645_823711.jpg

さて、酒は酒田酒造「上喜元」、超辛純米吟醸
めちゃすっきり、キレのある酒ですな。美味い~
グラスの高さが枡より少し高いくらいなので、枡一杯に酒を入れると、なみなみ入ったグラス持ちにくいんですけど(笑)
e0173645_832730.jpg

イカ王としては、日本酒の肴にイカは外せない。いかのわた焼き
たっぷりのねぎと、こってりコクのあるイカ焼きを頬張る。うめー
e0173645_83297.jpg

これは、新鮮魚の生春巻(780円)。
サーモンやまぐろなどをぎゅっと詰めてあり、食べ応え十分。
e0173645_831651.jpg

アカハタは天ぷらに、刺身も色々といただいたので、何か塩焼きを・・・
店の人に聞いてみると、「あと1つだけ鯛のかまいけますね」ということだったので、店長おまかせ鮮魚のかま焼き(580円)を鯛でお願いした。
身の福々しいこと、ぷりぷりですな。かま焼きでもたっぷりいただけますな。
e0173645_833252.jpg

ちょうど、調理場のまな板がよく見えるところだったんだけど、ピシピシ跳ねる魚をみながらの食事でしたな。
調理場の人達も気さくな人たちばかりで、客と、魚(食材)のことを丁寧に説明したり、Jr.にも気軽に声をかけてくれたり、終始、フレンドリーな感じでしたな。

梅田ど真ん中なので、仕事帰りの一杯にでも是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:海鮮居酒屋 荒磯水産 梅田店
場所:大阪市北区芝田1-7-2 かっぱ横丁内
時間:11:30~14:30、17:00~23:00
電話:06-6372-6806

by nonbe-cclass | 2011-11-26 12:01 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/16960240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 長野・須坂を満喫するぞ1泊2日(4) 石橋の居酒屋「一刀流」 >>