長野・須坂を満喫するぞ1泊2日(3)

長野、明けて2日目。
おーおー、昨日の晩寒かったけど、今朝の方が一層冷えこんどるやないかー
でも、いい天気。

さ、今日は須坂へ行くぞ
長野駅から電車で移動するんだけど・・・おっと!成田エクスプレス!
e0173645_8404681.jpg

と、思いきや、じーっとみると・・・
e0173645_858173.jpg

そ、こちらは長野電鉄
他社の中古車両を購入することで、バラエティに富んだラインナップが楽しめることで有名ですな。
JRの成田エクスプレス(NEX)もその一つで、現在はスノーモンキーという名で活躍している。
こちらは特急車両で、これに乗車する場合は、乗車券とは別に特急券が必要だ。料金は100円で、購入すればどの席に座ってもいいシステムだ。

特急だと、須坂までは15分強。
鉄道の話続きで・・・須坂に到着すると、今年3月に現役引退した2000系A編成車両と、来年3月に廃線が決定している屋代線が並んでいたので、カメラにおさめる。
e0173645_914344.jpg

須坂駅の改札を出ると、地元の野菜や果物、特産品が売られている。
e0173645_92117100.jpg

早めに須坂入りしてきたので、仕事までの時間、周辺を散策してみる。
須坂駅から東へ少し歩いたところ、須坂クラシック美術館を先頭に、蔵の街並が広がる
e0173645_925596.jpg

ん?この底の部分・・・
須坂クラシック美術館の建物の下をみると、丸い石が積まれている。
これ、見た目からも「ぼたもち石」と呼ぶそうな。石と石の間に隙間を作らないように積み上げる高度な技法で、かつて製糸業で繁栄した当時の名残ですな。
e0173645_9481959.jpg

「・・・。」
あらなあに、って・・・俺が聞きたい。恐らく、スナックなのか、カラオケでもできるのか、そのあたりだとは思うんだけど。
e0173645_956278.jpg

観光ということで整備された部分がある一方で、生活感ある昭和のレトロな雰囲気も楽しめる。
e0173645_102471.jpg
e0173645_1022051.jpg

あ、昨日の飲んだ「渓流」の遠藤酒造場だ。
e0173645_104288.jpg

秋の気配と、貫録を感じさせる墨坂神社(芝宮)
e0173645_108339.jpg

笠鉾会館ドリームホールでは、須坂で夏、開催される祇園祭の笠鉾を展示している。市内をねり歩く時の11基と、屋台4台の文化財だ。華やかだねー
e0173645_109488.jpg

そして、ふれあい館まゆぐら
製糸業で繁栄した須坂、この建物も明治時代のまゆ蔵を移転・改修したもの。中に入ると、織機があって、体験もできるみたいですな。
e0173645_1019611.jpg
e0173645_10191570.jpg

少しみていると、施設のおかあさんが「もうすぐお茶が沸きますので、よかったら掛けて下さい」
無料の休憩処でもあるんだね。
あらあら、お茶にお漬物とは嬉しいね。
e0173645_10192767.jpg

おかあさんは、ボランティアとして協力しているそうだ。須坂の観光は、こうした人達に支えられているんだろうね。
おかあさんの話によると、観光シーズンは、そろそろ冬に向けて終わりかけとのこと。
米子大瀑布の紅葉シーズンにたくさんの人が訪れるんだそうな(実は、米子大瀑布にはめちゃ行ってみたい・・・)。山の名前は忘れてしまったけれど、その周辺ではもう樹氷が出来たそうで、山の下の方は紅葉、上の方は樹氷なんて景色が見れたという。

おかあさんから、もちょっとゆっくり地元の話聞きたかったけど、さ、仕事仕事。
仕事を終えてから、もう一度、散策にでかけよう。

by nonbe-cclass | 2011-11-23 10:46 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/16940984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 関大前のラーメン「らーめん武双家」 長野・須坂を満喫するぞ1泊2日(2) >>