長野・須坂を満喫するぞ1泊2日(1)

先週の話。
久々に仕事で、長野県は須坂市に向かうことになった。
大阪からだと、名古屋で乗り換えて、中央本線で長野に出るルートが時間的にもっとも早い。
今回も、そのルートで旅情を楽しむことにした(一応、言っておくけど、仕事はしてるわけ。それ以外の部分を書いてるんだから)。
新大阪から新幹線で名古屋までやって来た。
乗り換えってよく考えないと、めっさパニックになるよなぁ。在来線との乗り換えに10分くらいしかとっていないと、トイレと弁当購入の両立がなかなかと大変だ。弁当買うのに売店に先客がいたりすると、もー。
めっさ、パニック状態でワイドビューしなのに飛び乗る。

時間的にとにかくお腹が空いていて、「やー景色を楽しみながら」どころではなく、買った駅弁をすぐさま開ける。車窓は、思いっきり街中だ。
駅弁は、いつもこれ。「みそかつ&えびふりゃ~」
ネーミングにヤられるんだよな・・・でまた、この海老ができゃ~
e0173645_20372662.jpg
e0173645_20373171.jpg

中央線の車窓はやっぱりいいよなぁ。木曽川に沿って走るんだけど、川の向こうには田畑が広がり、さらにその向こうには山々が連なる。
おっと、写真右手奥の山は、すでに雪山ですな。槍ヶ岳~白馬系の山々ですな。
e0173645_22564156.jpg

そういう点では、名古屋からだと基本左側の席に座った方がいいと思うんだけど、1ヶ所、右手に絶景が広がるポイントがある。
聖高原駅を通過しトンネルを抜け、姥捨(おばすて)駅をすぎると、路線はグーッと90度を描くように右へ折れていく。この時、実はかなりの高台に電車が走っていることに驚かされるんだけど、ここから、篠ノ井・長野へと続く平野部が一望できる。
ここに来ると、「あー長野に来たなー」という実感がわく。
e0173645_2342691.jpg

名古屋から3時間で長野駅に到着。しなのが到着したホームの隣りに、あさま等でおなじみの車両(189系)が止まっていたんだけど、あれ?これ普通じゃん。でも、妙高号ってマークだな。
e0173645_2381218.jpg

とりあえず、一旦はホテルにチェックインして、と。
わー時間がめっちゃ中途半端。今日の間に少し須坂を周ろうかなと思ったんだけど、各施設が17時くらいで概ね営業終了だから、この時間だと無理か・・・
前回来た時もそうだったけど、今回も近場の善光寺に行ってみるか。

参道の段階ですでに興味津々。
もーこのむじな地蔵の顔が・・・思わずシャッター切っちゃったよ。
e0173645_23183298.jpg
e0173645_2318417.jpg

前回来た時よりも、参道が賑わってて良かった。この間は、バンバン店が片づける状態でちょっと寂しかったからな・・・
e0173645_23184395.jpg

別に、「ただでここを通すわけにはいかん!」という地蔵群ではない。「六地蔵」は、我々を救ってくれる菩薩さんだ。ここを過ぎると、有名な二層の入母屋造りの重厚な山門だ。
e0173645_2327769.jpg
e0173645_23271512.jpg

・・・おっと、本堂は補修工事中かよー
e0173645_23272266.jpg

少し境内を見て回った後、また来た道を戻って行くんだけど、小腹が減っていたので、おやきを食べることに。
立ち寄ったのは、「つち茂」
e0173645_23431041.jpg

のざわなと・・・お、新商品か・・・じゃ、そのきのこおやきもらおうかな。
舞茸や牛蒡などが入ったおやきで、歯ごたえがいいですなぁ。美味い。
e0173645_23375948.jpg

この後、小腹が減っている状態は続いていたので、蕎麦でも食べるかと、参道沿いの「大丸」の暖簾をくぐる。
e0173645_23415269.jpg

入口に限定と書いてあったので、寺町そば(1200円)というのを注文してみた。
勝手に冷たい蕎麦を期待していたら、アツアツのがやって来た。
善光寺寺町に集まった人々と、それをもてなすそば屋が生み育んだ、この時期だけの蕎麦だそう。いくつかの店舗で味わえるようだ。具だくさんで身体も温まるや~
e0173645_234264.jpg

すっかり日も落ちて真っ暗なんだけど、おいおいおい、ちょっと寒いぞ。
吐く息が白いんですけど・・・

こりゃ、ちょっと蕎麦だけでなしに、風呂でも入らないと・・・と、ホテルへの道を小走りするのだった。

続く。

by nonbe-cclass | 2011-11-21 23:52 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/16907122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たま at 2011-11-22 10:23 x
はじめまして!
いつも行きたいと思ってたお店や観光地を先取されていて「むきー><」となりながらいつも楽しく拝見しております。
ところで、善光寺さんのお地蔵さん、お顔の雰囲気からせんとくんのご兄弟ではないでしょうか。
間違っていたらごめんなさい。
Commented by nonbe-cclass at 2011-11-22 20:17
たまさん、こんにちは!
むきー><っとなっていただきまして有難うございます(笑)
さて、むじな地蔵ですが、さすが!彫刻家薮内佐斗司の作品で、せんとくんと同じ生みの親ですね~

<< 長野・須坂を満喫するぞ1泊2日(2) 蛍池の焼肉「さしの花」 >>