天満の居酒屋「丹波 鍋ホルモンかわむら」

「ホルモン鍋、うまいトコあるんすよ。そこでいいですか?」

番組の撮影を大阪福島で終えた後、番組スタッフ、そして、番組のナレーションでお世話になっている伊舞なおみさんと共に、天神橋筋5丁目へやって来た。
スタッフおすすめのホルモン鍋を食べに来たわけですよ。

実は、ホルモン鍋って聞くと、ちょっと本音部分では「苦手かも」というのがある。
これ・・・同じ人ひょっとしたらいるかもだけど、例えば、牛レバーってあるでしょ。これ、生はすごく好きなんだけど、焼くとダメなタイプなわけ。だから、ホルモンを煮込まれると、においや食感に抵抗があるんだよなぁ。

・・・と、そういう内心がある中で、鍋を目の前にしたんだけど、いや~かなり食べたね(笑)

店は、天神橋5丁目商店街の中に・・・おーこれは渋い。一松食品センター天五横丁
横丁そのものは昭和がまとわりつく空間なんだけど、この通りにひしめく店がまぁ個性豊か。
この中に、「丹波 鍋ホルモンかわむら」がある。
横丁と店内は、特段、壁の仕切りもなく、オープンな感じでいいなぁ。
e0173645_2234367.jpg
e0173645_22341450.jpg

鍋ホルモン・・・ベースのホルモン(680円)を注文して単品を入れていく感じなのかな。
ハラミ(580円)やツラ(580円)など部位単位のメニューがあるから、色々食べてみて最終的には自分の好きなんを食べる、という感じですな。
e0173645_23215951.jpg

これ、もつ鍋とは一線を画するよな・・・
だって、もつ鍋だと「鍋」なんだけど、これどっちかというと鉄板だよね。
大きな熱い鉄板の真ん中を、ぎゅっと押し込んで「窪みが出来てますけど」の部分に、わさーっと具材が入る。
グツグツいってきたら、鉄板の端に盛られた七味につけてかっつりいただくスタイル。
わおっ!めっさ美味い!
こういうのって、結構ダシの味が濃かったりするんだけど、これ、しつこくなくて自然と箸が伸びるな。
ホルモンもウメー(全然いけてるわ)
e0173645_22342692.jpg
e0173645_22343794.jpg

そろそろなくなるなぁと思ったところに、違うホルモンがドーンと入って、ひたすら食べ続ける。
e0173645_22344198.jpg

そして、シメにこのえーダシ出ている中に、うどんを放り込むわけ。
これが、また泣ける。美味い。
e0173645_2234487.jpg

実は、このホルモンを堪能する合間合間に、もちろん「酒」が欠かせないわけだけど、
まぁ伊舞さんも呑兵衛だから、後半、ほとんど二人でボトルのマッコリをガンガンいってましたな。
きゅうりやチャンジャなどもあるんだけど、左利きのBoss(実際に行ってみると誰か分かります)に、裏メニューをだしてもらう。
わ、みてこれ、めっちゃうまそ~
ハラミとハツ。生でもいける鮮度の良いお肉なわけですな。ウメーいや~感動。
e0173645_22345440.jpg
e0173645_2235375.jpg

店名に「丹波」とあるけど、ちょっと珍しいパターンで、本店が、丹波市氷上町石生(いそう)にある。
鍋で煮るんではなくて、鉄板で炊く鍋ホルモン、地元では「石生ホル」って言うんだって。
ちょっと、肌寒くなり始めた今の季節にピッタリなので、是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:丹波 鍋ホルモンかわむら
場所:大阪市北区天神橋5-6-23
時間:15:00~23:00 無休
電話:06-6352-8829

by nonbe-cclass | 2011-11-09 00:11 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/16569739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 【告知~】宵ノKΘFUKU『利... 天王寺の居酒屋「明治屋」 >>