梅田のタイ料理「チェディルアン」

Jr.がこの間、修学旅行だったのね。
その間に、辛い物を食べに行こうと、良妻と梅田に出てきた。
辛い物であれば、やはりタイ料理ですな。
やってきたのは、西梅田ハービスENT にあるタイ国政府公認のレストラン「チェディルアン」だ。
店内のインテリア、独特な空間がエスニック情緒をかきたてるね~
e0173645_912325.jpg

まず、ビールは・・・シンハ。
お、グラスもオリジナルですか。
e0173645_8422572.jpg

さて、まずは、早々に辛いところいきたいから・・・お、やっぱりあるね。
ソムタム タイ(980円)。フレッシュな青パパイヤにパームシュガー、カシューナッツの入ったサラダだから、あっさり甘めの野菜サラダじゃんと思いがちなんだけど、唐辛子やニンニクが入るので基本辛い。
うめ~
e0173645_8422864.jpg

そして、御存知生春巻きですな。
ポピァソット(780円)、鶏のササミとエビが巻かれた生春巻き。フルーツで作られた特製ソースと、ちょい辛ソースの2種類で。
e0173645_8423770.jpg

野菜をふんだんに使った料理が多い中、チェンマイ名物ベジタブルディップをいただきますかな。
ナムプリック ワンニー(980円)、その時その時で野菜のラインナップがかわるのかな。
シェフ手作りの本日のディップはこちら。
見た目も華やかなら、カン・トーク(ランナー王朝(チェンマイ)時代に王族が来客をもてなす際に料理を盛る丸い篭)も雰囲気いいなぁ。
エビの入ったディップは、ミンチの入った辛口タイプ。
実は、この時点で結構口が辛いことになっていて、ビールはお替りするわ・・・なんだけど、このガツッとあるキャベツ助かる~もーうさぎ状態だ。
e0173645_8424150.jpg

そして、みなさま御存知、トムヤムクン。
・・・なんだけど、今回はせっかくだから、ちょっとえーやつにしよ。
「クン」は海老という意味なんだけど、ここの海老のクラスを変更して・・・トムヤム ロブスター(1480円)。
はい、ドーン。
e0173645_8424862.jpg

250gクラスのロブスターの半身が入るビッグロブスターのトムヤムクン。
トムヤムクンは、世界三大スープの一つなんだけど、甘いんだか、酸いんだか、辛いんだかの複雑な味わいを醸し出すスープ。基本、酸い辛いスープのイメージがあるんだけど、これは、いい甘みとコクが先行する。海老の味噌でもたっぷり入ってるのかい?というようなコク。
これは美味い!

プァー(レモングラスとハーブの冷製)の中から、殻付きフレッシュオイスターを(1個398円(3個より))。生ガキの上に、香草とチリペーストがたっぷり。
e0173645_8425123.jpg

そして、シャンハイ パットキーマオ(1480円)。板春雨入りタイバジルの辛口酸っぱらい炒め。
ホーリーバジルと唐辛子、コクのあるカピ(シュリンプペーストで蝦醤)やナンプラーで味付けされたもの。
これは、されほど辛くなくなぁ。この板春雨がもー結構腹にきますな。
e0173645_8425861.jpg

麺かご飯を食べようと思ったんだけど、お腹いっぱいで・・・
エスニック料理、気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:本格タイチェンマイレストラン&ヌードル チェディルアン
場所:大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENT 5F
時間:11:30~14:00、17:00~24:00 日祝休(土曜日不定休)
電話:06-4790-4578
e0173645_843114.jpg

by nonbe-cclass | 2011-10-30 13:20 | 食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/16313815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 谷町の居酒屋「あっぱれとも屋」 虎ノ門の蕎麦「砂場」 >>