虎ノ門の蕎麦「砂場」

先日、仕事で東京出張の時のこと。
移動中に、霞ヶ関から新橋方面へ向かって歩いてたんだけど、どこかでそろそろお昼を食べないと、混みそうだなあ・・・

何が食べたいっていうのはないんだけど・・あ、「砂場」みっけ。
e0173645_22374822.jpg

ビルの1階にあるんだけど、砂場の年季の入った看板が渋い。
サラリーマンが次々と入っていくな・・・特に、年配の人の姿が目立つ。

砂場は、藪、更科と共に三大蕎麦の一つですな
なんか、砂場って蕎麦(食べ物)のイメージと結びつきにくいよね。やっぱり、公園などにある砂場を思い浮かべてしまう・・・が、もともとの意味合いは、そう外れてもいない。
関西の人にとっては、更科は知ってても、砂場は馴染みがないかもしれないけど、これ、大阪が発祥なのよね。砂場は、大坂城築城の際にあった、資材(砂・砂利)置場のこと。今の、西区新町あたりなんだって。
ここに、蕎麦屋「津国屋」「和泉屋」があったらしく、場所的なものもあって「砂場」と呼ばれるようになったとか。
でも、大阪には今、砂場の蕎麦ってのがないんだよね。

さて、中に入ろうとすると、プチ行列が出来てるな・・・あ、なるほど、先に食券を買うのか。でも、 券売機ちゃいまっせ。店の女将なのかしら、手際よく食券をさばいていく。
食券を手に取ると、席に案内してもらえる。
へー、外観からは想像できなかったけど、いい雰囲気のお蕎麦屋さんですな。

注文したのは、いかと長ねぎかき揚げ丼と、もりのセット(1000円)。
e0173645_22375654.jpg

あ、結構蕎麦のボリュームあるんだね~うれし~
つけ汁はそんなにたっぷり入っていないので、ちょっとだけ蕎麦をつけて。
いい歯ごたえと喉越し。濃い目というより、少し甘辛い感じの印象が強い。
e0173645_2238833.jpg

でね、天婦羅が美味しいのよ。
白ネギの香ばしさと柔らかいいかが、さっくさくの衣で揚がってくる。このかき揚げも、えらく盛ってますなぁ。
美味い!
e0173645_223836.jpg

んー仕事でなけりゃ、酒飲みたかった・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大坂屋 虎ノ門 砂場 西新橋店
場所:東京都港区西新橋1-4-1 砂場ビル
時間:11:30~13:30、17:00~22:00(土は11:00~15:00) 日祝休
電話:03-3501-9806

by nonbe-cclass | 2011-10-29 11:48 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/16241695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅田のタイ料理「チェディルアン」 石橋の居酒屋「Bonds」 >>