十三の天ぷら「はせ川」

さあさあ、十三ですよぉ。
いつもなら、賑やかな何でもござれ居酒屋に入るところなんだけど、
今回は、天ぷらだ。

「はせ川」だ。
一度、入ってみたかったんだよなあ。
天ぷらと聞くと、専門店や御膳なんてイメージがあるんだけど、
この店はC級呑兵衛のような庶民にピッタリ。
e0173645_12594115.jpg

L字カウンター10人と入れないかなあ・・・の小さな店。
おかあちゃんはビールを出したり一品を出したり、おとうちゃんはひたすら天ぷらを揚げている光景が続く。

メニューは天ぷらと少しの一品。
この中で、揚げたてコースを注文。
10品で1200円のコースだ。
天つゆと塩が出される。
e0173645_130910.jpg

おとうちゃんは無口に作業を進め、一つ一つ丁寧に仕込んでいく。

最初に揚がってきたのが、穴子。
衣は柔らかいサクサク感が楽しめる。やっぱり、天ぷらは揚がったところをすぐにいただくのが一番。
e0173645_1302529.jpg

10品とは、エビ・イカ・穴子・貝柱・キス・アスパラ・ナス・しいたけ・レンコン・ししとうで、
コースでなければ単品で他のネタもある。
e0173645_1311868.jpg
e0173645_1314896.jpg

C級呑兵衛は、コースの後、単品でタコ(130円)・長芋(130円)・ゴボー(100円)にみつば(100円)を注文。
長芋は海苔を巻いて揚げてるね。ゴボー(店ではこう表記されてるから)は風味と食感がいいですなあ。
みつばは、数枚を茎の部分で丸く括って揚げていた。
e0173645_133947.jpg

店のおかあちゃんは、少し余裕が出来るときさくに声をかけてくれる。
「あまりしゃべりすぎると、おとうちゃんに怒られるから」と言いながら、ニコニコと話をしていた。
ざわぞわしないこじんまりとした空間が、妙に落ち着いた時間でしたな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:味処 はせ川
場所:大阪市淀川区十三本町1-4-13
電話:06-6886-1030
営業:毎月4.14.24日休

by nonbe-cclass | 2009-04-03 07:30 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/15414872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 川西能勢口のラーメン「和喜亭」 蛍池の焼肉「みはる」 >>