川西能勢口のラーメン「和喜亭」

「昼飯どっか出るか?」

良妻とのやりとりで石橋駅まではやってきた。
が、ここからがC級呑兵衛恒例の無計画行動に。

「とりあえず、宝塚方面に向かうか」
石橋駅を離れて阪急電車に乗ろうというのに、降りる駅を決めていないわけ。
結局、池田も川西能勢口もちょくちょく行くから、冒険して雲雀丘花屋敷で降りてみよう、となった。
e0173645_1254734.jpg

「雲雀丘花屋敷」という文字は、それこそ毎日のように目にするんだけど、実際に降りてみるのは極めてまれ。
今回含めても5回とないんじゃないかなあ。

駅前にはどうも店はなさそうですなあ。
少し南に下ってみますか。
静かな住宅街を歩くとすぐに下り坂になり、景色もいいなあと思いきや、
「あっ、あれJRちゃうん」
近くに、JR川西池田駅がみえている。すでにゲームオーバーな予感が走り出した。

・・・結局、アステ川西まで戻ってきちゃったよ。何やってんのよ。
少し歩いて、色々見て回ったんだけど、力尽きて、結局「あのラーメン屋にするか」と店先に向かった。

「和喜亭」だ。こう書いて「やわらぎてい」と読む。
この店の特長はなんといっても、値段の安さだろうね。
塩ラーメンやしょうゆラーメンなどが390円に始まり、最高値のチャーシューワンタン麺で650円。

C級呑兵衛は、とにかくビールが呑みたかったので、
ギョウザ(200円)に生ビール(中ジョッキ:380円)を注文する。
それに、ラーメンかあ・・・じゃあ、つけ麺(1.5玉:480円)にするか。

ギョウザは少し大きめのが4つ。
鉄板部分で焼かれた餃子の底面はカリカリに香ばしい。でも、それ以外の部分はもっちりと仕上がっている。
餡の風味もあっていいんじゃないかな。
e0173645_12495417.jpg

つけ麺は・・・
ん?これは、スープと麺・具財を分けてるだけじゃあ・・・いや違うな。
C級呑兵衛は韓国冷麺がすごく好きでよく食べるんだけど、酢を結構たっぷりかけるわけ。
それと同じくらい、このスープも酢が利いてるんですけど。初めての味わいで「正解」かどうか分からないや(笑)
e0173645_12494918.jpg

それにしても・・・どう考えても安いよなあ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:和喜亭
場所:川西市栄町11-3-3 パルティK2-1
電話:072-755-5214
営業:11:00~15:00、17:00~22:00 月休
e0173645_1249401.jpg

by nonbe-cclass | 2009-04-04 23:39 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/15414822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 新橋の居酒屋「大」 十三の天ぷら「はせ川」 >>