蛍池の居酒屋「旬に居酒屋 心芽」

この間の石橋まつりで、声をかけていただいた清風荘ファミリーからの情報を頼りに、
今回は蛍池にやってきた。

阪急電車の車窓からもみえる、国道176号線沿いの居酒屋「旬に居酒屋 心芽」だ。
入った瞬間から「あ、お酒が楽しめそう」という雰囲気が炸裂。
e0173645_11495310.jpg

L字カウンター後ろには、テーブル席、奥にはちょっとした宴会もできそうな座敷もある。
そして、所狭しと焼酎が並ぶ。

お造り盛り合わせ(1人前980円)からいただくかな。
たこ、剣先いか、鯛、さばきずし、かつお、まぐろにうに。どれも鮮度が良くて美味。うにまで入ってこの値段は良心的~。
e0173645_11472579.jpg

そして、めごち天婦羅(780円)。
さくカリと揚がっためごちは、小骨はあたるも身は柔らかくて酒の肴にええですな。
e0173645_11475089.jpg

Jr.は海鮮丼(780円)を注文。
たぶんシメに食べる想定かしら、そんなにボリュームのある丼ではなかったので、ペロッと平らげていた。それにしても、これにもうに入っとるやないか…贅沢な。
e0173645_1148051.jpg

ビールから焼酎に。造酒屋「櫻井」白麹(500円)をロックで。
肴は、活ばい貝塩茹で(680円)に、焼きだだ茶豆(580円)。
だだ茶豆は豆そのものが香ばしいんだけど、これを焼いてさらに香ばしく。
e0173645_11485112.jpg
e0173645_1149029.jpg

スライスした山芋を、たっぷりチーズで…山芋明太子チーズ焼き(580円)を。
タバスコをちょっとふって、と…山芋だからか、思った以上にあっさりして美味いな。
e0173645_1149826.jpg

「あれ?「蔵の師魂」にあんなのあったっけ?」
焼酎は、紫芋を使った「紫師魂」(500円)。香ばしくていい感じ。
あ、肴がないな…
で、能登産肝入り丸干しいか(680円)に、生の島らっきょ(380円)を。
肝入り丸干しいかがたまりませんな。肝が入ると味に深みが出るね。
e0173645_11491648.jpg
e0173645_11493229.jpg

焼酎も充実しているし、ひと手間かかった美味い料理を肴に、一献いかが。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:旬に居酒屋 心芽
場所:豊中市蛍池東町1-3-1-101
時間:17:30~24:00(L.O.23:30) 日祝休
電話:06-6842-1357
e0173645_11495954.jpg

by nonbe-cclass | 2011-08-28 18:06 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/15341434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 直前宿題対策~関ヶ原散策(1) 石橋の居酒屋「活魚 いきおい」 >>