石橋の焼肉「五色亭」

焼肉ってね、「肉が食べたい~」と思う時と、「肉は食べたいんだけど、どちらかというと野菜で巻いて食べたいなぁ」と思う時があるわけ。
で、今日は後者の話。

いつも思うんだけど、「好きな肉で、たっぷりの野菜で食べさせてくれよ」。
これが意外とない。
野菜で巻いて肉を食べるとなると、サムギョプサルが手っ取り早いんだけど、これだと豚肉になる。これの牛バージョン(ウサムギョプサル)はないのかとなると、日本ではあまり見かけないわね。
で、結局、焼肉屋で普通に肉を頼むついでにチシャを頼むと、これが量の割に何となし割高感があるんだよね…

その辺を考えると、石橋界隈だと焼肉でも韓国スタイルをとっている「五色亭」にどうしても軍配が上がる。いつも普通の牛肉を注文し、サンチュセットをつけるんだけど、これとて、店によってはチシャやえごまの葉でなく、レタスの時があるからね。ダメじゃないんだけど、どうもこのチシャ、えごま葉でないと気が済まない。その点「五色亭」は、チシャ、えごま葉だし、プルコッチ、にんにくまでついてくる。

今回は、ちょっといつもと違うものを頼んでみるか…
さっきから、このメニューが気になって…石焼豚三段バラセット(2100円)だ。
豚三段バラ=サムギョプサルですな。肉は熊本豚(豚バラ200g)、これを石板の上で焼くわけですな。焼くのは、豚だけでなく、しめじなどの野菜も一緒に。
e0173645_20383848.jpg

これをですな、キムチ、にんにく等と一緒にチシャなどに巻いていただくわけ。
このセットいいなあ。全体的にみて、野菜比率高いよね。
e0173645_20384543.jpg

豚はヘルシーではあるんだろうけど、よく脂がでるのでちょっとこってりしちゃう。
サンチュセットで気を良くしたら、
なんか、赤身というか、肉肉したところも食べたくなっちゃった。
こちらも、普段あまり頼まないクリ(150g:1890円)を食べてみようかな。
肩肉で、うで三角と呼ばれる赤身の中でも柔らかいところ。
ニャハハ、このビジュアルがたまりませんな。
e0173645_20385479.jpg

赤身の野性味を感じながら、この柔らかさはたまりませんな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉 五色亭 石橋店
場所:池田市石橋1-22-18 パークプラザビルIKEDA 1F
時間:17:00~26:00(日祝は~25:00)
電話:072-762-0429

by nonbe-cclass | 2011-08-28 10:03 | 阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/15319513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「活魚 いきおい」 石橋の居酒屋「れんこん」 >>