豊中のタイ料理「アロイスキタイ」

良妻が「辛いものが食べたい」というので、久々にタイ料理を食べに行くことにした。
阪急豊中駅近くにある、「アロイスキタイ」だ。
「サワディクラッ」の挨拶とともに店の方が迎えてくれる。
e0173645_9185361.jpg

さてさて、メニューたくさんあるなあ・・・何にしようかなあ。
とりあえずビールを・・・ここはシンハを。くーうめー
e0173645_913405.jpg

まずは、パックブンファイディン(997円)から。これはご存じ、空芯菜炒めですな。
お、うめ!しかも、ここからピリ辛が始まるんだな。
因みに、食べてみて辛いな~とか、もうちょっと辛く~とか思ったら、お店の人に言ってみて。
辛さは調節してくれるよ。
e0173645_914983.jpg

そして、ヤムウンセン(997円)。これは、イカとエビの春雨サラダ。人参の端っこの部分で、花飾りを作ってくれるんだね。香草の風味もきいてアジアムードたっぷり。
e0173645_9141679.jpg

これはですねー、プーニムトッ(840円)というもので、柔らかいカニの唐揚げ。
ソフトシェルクラブですかな、要は脱皮直後のカニで甲羅も柔らかい状態のものだ。
ふわっとした衣で揚げられている。甘辛ソース(ナムチムガイ)との相性がよろしいなぁ。
e0173645_9142445.jpg

これはおかずというより、ちょっと酒の肴にいいかなと思って注文したソムタムタイ(997円)。 青いパパイヤをつかったサラダなんだけど、
店の人曰く、青いパパイヤが手に入らなくて品切れ状態だったらしい。それが、今回ようやく入ったところらしく、有難くいただけることに。
爽やかな食感と味わいなんだけど、どこからか辛さがやってくる。
e0173645_9143216.jpg

センレックトムヤムは、すいから~い味わいのトムヤムクンあるでしょ、あれの汁麺ですな。
麺とともに、調味料もやってきましたな。砂糖、酢、唐辛子、ナンプラー・・・
そうそう、タイの人って、これらを結構がっつり入れるよね。しかも、どれかだけというよりは、まんべんなく。どんな味になるんだか。
e0173645_9144110.jpg
e0173645_914497.jpg

何も入れなくてもばっちりの味わいなんだけど、C級呑兵衛はナンプラー好きですねん。
少しだけ入れて、塩味強化アーンドこくを出してみる。
まだ、焼き飯くらいいこうかと思ったら、意外とお腹がいっぱいに。
美味かった~また行こ。

アロイスキタイのアロイはタイ語で美味しい、スキタイはタイすき鍋のことなので、
今度はタイすき食べてみたいところですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:タイ料理 アロイスキタイ
場所:豊中市本町2-1-2
時間:ランチ11:30~14:00、ティータイム14:00~17:00、ディナー17:00~23:30
電話:06-6858-6388

by nonbe-cclass | 2011-08-13 10:10 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/15269926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 川西能勢口の焼肉「玄風館」 箕面まつり「桜井地区納涼の夕べ」 >>