かけこみで伊勢(2)~伊勢・安土桃山文化村

さて、二見浦にやってきたんだけど、
そういや、小学校の修学旅行って伊勢だったよなぁ。夫婦岩みたもの。土産の赤福も、指定の所でまとめて買うと安くなるからと、写真申込みみたいな用紙に数量書いたの覚えてるわ。
今、同じ伊勢に来ても、みるものすること全然ちゃうことしてるよなぁ・・・

やってきたのは、「伊勢・安土桃山文化村」
ちょんまげワールド伊勢ともあるけど、どれがどう正式名称かわからないけど、要はテーマパークですな。
e0173645_10381315.jpg

ものごっつい大きな駐車場なのに、人があまりいないのは雨だから?今日、日曜日だよな・・・
おっと、入場するだけで2500円か・・・勇気いるな。パスポートだと3900円か。

「・・・どうするかなぁ。」
この問いかけは、これから先、嫌というほどすることになるんだけど。
何となしに妙な空気を感じるので、ここはとりあえず入場だけにしよう。

「・・・どうするかなぁ。」
冗談抜きで、人がほとんどいないんですけど。楽しめという方に無理があるんじゃないか。
e0173645_1038402.jpg

とりあえず、Jr.には分かりやすいゲーム系で流すか。
射的は、このテーマパークに合わせて戦バージョンになっている。
的に見事当たれば、園内で使える金券がもらえるみたいなんだけど、Jr.が当てたんだよね。

「・・・。」
ん?何か出てくるでもなく、誰かに声をかけるにも人いないし・・・
「・・・どうするかなぁ。」
e0173645_10382490.jpg
e0173645_10382989.jpg

次にやってきたのは、弓矢による的当てですな。
的まではそんなに遠くないから、子供たちでも楽しめるんじゃないかな。
Jr.、1つがまぐれでど真ん中にささり、ドンドンと太鼓が鳴らされる。
賞品を選べる中で、Jr.は刀をかたちどった耳かきをチョイスしていた。
e0173645_10383565.jpg

「・・・どうするかなぁ。」
いや、これはどうしようもないでしょ。見るものだから。
e0173645_1038502.jpg

ほーここは、吹き矢なんてのがありますな。
さっきから気にはなっているんだけど、伊勢・安土桃山文化村だから、その時代の建物や衣装があるのは分るんだけど、それと同じような勢いで「忍者」主張がすごいわ
e0173645_1039082.jpg

忍者からくり迷路も、最初に忍者って書いてるものね。
大人には難しくないものでも、小さな子供たちには楽しいかもね。
お・・・途中、サンドバッグの障害が。木人拳か、少林寺三十六房を想起させるじゃないか。
e0173645_10391032.jpg
e0173645_10391924.jpg

ここ、忍者修行砦みたいなこと書いてあるから、「お、忍者体験みたいなことができるんじゃないか」と勝手なイメージで入っていったら、お化け屋敷風だった。
Jr.は半ビビりで、良妻はお化け屋敷そのものが久々過ぎて喜んでいた。
e0173645_1039278.jpg

太秦映画村にもある扮装、こちらは安土桃山ということで鎧兜がありますな。お、あれ信長じゃん。
C級呑兵衛はこれだけには食いついた・・・
e0173645_10393852.jpg

「・・・どうするかなぁ。」
芝居とかもあるんだけど、全然時間が合わないし、今のタイミング何もやってないじゃん・・・
ちょっと、腹ごしらえに伊勢うどんにみたらし団子は食べたものの・・・時間を持て余し気味に。
この短時間で、もうここを出てしまうのか・・・

太秦は映画のセットとして利用するから、建物もはりぼてでしょ。
でも、ここ全部、結構作りこんでるんだよね。相当の金がかかっていると思うよ。ちょっとバブリーなにおいがプンプンするけど、これだけの規模でこの客入りは厳しいなぁ。
戦国なら戦国で、規模小っちゃくしてでも、もっとこだわればいいのに。
もちょっと、ターゲット考えないと、親子や家族で来るには・・・このご時世だけにね。

続く。

by nonbe-cclass | 2011-06-26 10:39 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/15016439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< かけこみで伊勢(3)~おかげ横丁 かけこみで伊勢(1)~「まごの店」 >>