難波のシンガポール料理「宏亜楼」

何か久々な感じでエスニック料理。

この間、生まれて初めて吉本新喜劇を観に行ったのよ。テレビでは、ほぼほぼ毎週見ているというのに。我家のマイブーム、松浦真也が出演するところを狙って、まあ、爆笑してきましたよ。

で、その帰り。ランチにするか、と色々考えていたんだけど、
今回は、久々にアジア系にしてみるか。シンガポール料理か・・・「宏亜楼」だ。
e0173645_1965338.jpg

エスニック料理ってだけで、色んなメニューにテンションがあがるんだけど、
そういえば、シンガポール料理っていうものを意識して食べたことってないかもなぁ。中華系のメニューもあったりはするし、もともと中華料理との関係は深いんだろうね。
せっかくなら、シンガポール料理というものを食べてみたいもんですな。

そこで、海南鶏飯をチョイス。
シンガポールの名物料理なんだって。
鶏そのものは、朝引きのつくば鶏なんだけど、これをボイルして冷製にし、色んなソースでいただく逸品。

注文したのは、海南チキンライスセット(1080円)。
炒め物、揚げ物、スープに、鶏スープなどで炊きこんだチキンライスがセットになっている。
e0173645_197859.jpg

鶏には最初から、海南ソースがかかっていて、ここからチリソース、ジンジャーソースを好みでつけていただくのね。

わお~鶏が柔らかいー。
鶏も調理の仕方によってはパサついたり硬くなったりするけど、これはしっとりしているし旨味たっぷいですな。で、このソース・・・ここが、やっぱりエスニックですな。うまいー
あと、このさりげなくあるチキンライスが、これまたあっさりしてるんだけど、しっかり味がついて美味いなぁ。
e0173645_1050723.jpg

Jr.はフカヒレ入小龍包(680円)を。
熱いところに、うまくレンゲにとれずスープがもれたりと悪戦苦闘してたね。
e0173645_1971721.jpg

シンガポール行ったことないんだよなー
このお店は、シンガポールやマレーシアに人が好む味にしているとのことで、シンガポール政府公認レストランでもあるんですな。日本では手に入りにくい食材を、現地から送ってもらっているんだとか。
お店は満員御礼で、みんな同じものじゃなくて色んなものを注文してるから、どれも美味しそうで・・・
また行こー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:シンガポール料理 宏亜楼
場所:大阪市中央区難波3-7-3
時間:ランチ(金土日のみ営業)11:00~14:30、ディナー17:00~23:00(定休日以外営業) 月休
電話:06-6643-5788
e0173645_1982067.jpg

by nonbe-cclass | 2011-06-12 11:25 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14936188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 神田の居酒屋「大越」 国道176号線 石橋跨線橋 >>