元町の焼肉「肉の入江」

この間、須磨離宮公園に遊びに行った帰りのこと。
夕食をどうするかという話になって、石橋まで戻るとまた遅くなるから、新開地か三宮あたりで食べる帰るべ、と決まった。
新開地にしても三宮にしても、魅力なお店が数多くあるエリア・・・のはずなんだけど、また焼肉探してたりする。神戸って、焼肉激戦区というイメージもあるしねー
で、向かったのは、元町にある「肉の入江」だ。
e0173645_12252384.jpg

カジュアルな感じで、若い元気なスタッフが頑張ってるーという雰囲気。
家族でも、友達同士でも、会社帰りでも、オールマイティに使えそうですな。

さてさて・・・お、全体的にお肉安いんですな~早速、いつもな感じで楽しますか。
生レバー(580円)から。
お、おっさりいただけますな。
生肉出して死者出す店がニュースで話題になっているけど、自分で目利きしていない店の、生ほど怖いものはないよね。「安さ」(コスト)だけを追求する結果だよね。
この「肉の入江」は、仕入れの目利きアーンド、肉の熟成を考えた上でこの値段だからね。凄いわ~
e0173645_84810100.jpg

タン(870円)は入江塩で。
入江塩とは、テーブルにある荒削りの塩胡椒のことなんだけど、これで肉の味を一層引き立てようというわけですな。肉に自信があるのか最初っから、「塩でどうぞ」といえるところがニクイですな。
おー、柔らかいタン。えーこのクオリティでこの値段は良心的だわ。
e0173645_8475918.jpg
e0173645_84857.jpg

今日のおススメということで、はねした(1180円)を推すので、じゃ、じゃあそれいただこうかな。
「とにかく、めっちゃいいお肉なんで、くれぐれも焼きすぎないようにお願いしますね」と念押しされたけど、確かに炙る程度で充分。
くーやわらけー
e0173645_8482598.jpg

この店にきたなら、食べておくべきは、つぼ漬けはらみ(880円)。
壺の中に、ごっついハラミが入ってますねん。
なんでも、「つぼ漬け焼肉」の発祥だそうで。もともと、保存の効くまかないから生まれたメニューだそうな。
これについては、スタッフが「良かったら焼かせていただいてもいいですか?」
そりゃもー絶妙なところをお願いしますよー
e0173645_8481946.jpg

壺の中で、も一度タレをよく絡めて、ベロベローッと出てきたハラミをそのまま網の上へ。
網の直径くらいか、それ以上の大きさのハラミ。
でね、スタッフが焼くのは「焼きすぎないため」だ。
このハラミ、少し炙る程度に焼きはするけど、半生状態で、これでどうぞといわれる。知らないと、絶対に焼きすぎてしまう。
少し、ニンニクの風味がきいたハラミ、酒の肴ってな味付けでビールがついつい進んでしまう。
e0173645_8483276.jpg

ホルモンは単品どれも400円台か。塩上ミノ(480円)を。
e0173645_8484423.jpg

シメに冷麺を食べたんだけど、最初からある程度酢が入っているから、酢を足さずともしっかりした味で楽しめる。
e0173645_8485381.jpg

今回は予約なしでうまく入れたんだけど、常時、満員御礼だったので、予約していく方がいいかも。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:肉の入江
場所:神戸市中央区下山手通3-15-19 三石ビル1F
時間:17:00~24:00
電話:078-391-2915

by nonbe-cclass | 2011-05-08 13:17 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14739234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 讃岐うどんツアー10~「よしや」 中山の温泉「名湯 宝乃湯」 >>