京都の中華料理「膳處漢 ぽっちり」

「ほー、膳所ってそういう意味だったのか」
読み方も難しいわね。京都の膳所(ぜぜ)
むか~しむかし、大津宮の頃(んーすでにピンとこない)。
都へ食物を供する御厨所(陪膳浜(おもののはま))に由来するとか。膳の所で膳所か。
ええ料理人がわっさーとおったんでしょうな。チャングムでいうところのスラッカンみたいなものかしら。

で、なんでそんなことを思ったかというと、
この間、京都でお昼を食べようと入った店の名前から。
店はこちら。
e0173645_11232572.jpg

この重厚な建物と大きな暖簾に、敷居高そうで入るのびびっちゃう。
中華料理「膳處漢 ぽっちり」だ。
暖簾をくぐって店内に入っても凄いなぁ・・・
客人と食事とか、接待とかにいいねー次々と予約客がやってくる。
e0173645_11235836.jpg

「膳處漢」の膳處は膳所の旧字体として、
漢は、京の街並みが中国の都に似ていたところからついているそうな。

膳處漢のお弁当(1600円)をお願いしよ。
春キャベツのスープにお弁当がやってきた。その時々の旬の食材を使っているんだって。
e0173645_1124293.jpg
e0173645_11243624.jpg

美味い!全体的に、すっごい優しい味付けになっているなぁ。
しっかり味はついてるし、食材の良さも活きてるし、でも辛いとか甘いとかという単純な表現がしづらいわけ。
ま、これは是非食べに行って。雰囲気もとってもいいしね。

Jr.は小龍包を美味そうに・・・独り占めしてた。
e0173645_11244174.jpg

店の奥、Barでっせ。めっさ格好いい。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:膳處漢 ぽっちり 京都店
場所:京都市中京区錦天神山町283-2
時間:11:30~15:00、17:00~23:30
電話:075-257-5766

by nonbe-cclass | 2011-04-29 12:26 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14688532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋「宵ノKOFUKU」で『利... 谷町の居酒屋「鉄板焼酎処こんご」 >>