有楽町の焼肉「叙々苑 游玄亭」

この間、東京は有楽町に仕事でやってきた。
お昼食べなきゃ、と思いながらも「慌てて掻き込むのもやだしなぁ」と駅近くでキョロキョロしていると、見慣れた店名が目に飛び込んでくる。
「叙々苑」だ。

メディアでガンガン紹介されるから超有名、芸能人御用達みたくなっている。
ランチでは利用したことがあるんだけど、夜はないですなあ。
我々が普段食べるカルビあたりは2000円を下らないし、ハラミやロースも1500円以上する。
ま、一部店によって違うにしても、基本、肉はホルモンを含めても単品で1000円は下らない。
それだったら、近場でリーズナブルでクオリティ高い焼肉店はいっぱいあるから、それで十分だわーって思っちゃう。どこかで、一度は食べておきたいけどね。

阪急百貨店も入る有楽町マリオン、ここの上に「叙々苑 游玄亭」がある。
おし、歩くのも面倒くさいからここにしよ。
エレベータで11階へあがり、フロアに出ると、ほーほー高級感漂う店構えですな。
e0173645_1219821.jpg

店内はおそらく広いんだろうけど、実は各テーブル席、他の客が気にならないように高めの仕切りがあるから、何がどうなっているのかあまり分からない。
テーブル席に着いて、注文したのは焼肉ランチ(1300円)。
国産牛とだけ書いてあるんだけど、和牛でない可能性もあるってことか・・・

人の話は最後まで聞かないとあかんね。
肉が出てくるまでに、店員がドレッシングを2つもってきた。
「2つありまして・・・」と説明を始めたもんだから、「その辛口のやつで」って言ったんだけど、
そのまま説明し続けて、「どうぞ両方お試しください」。おーおーチョイスじゃなかったのか。こっぱずかしいじゃないか。
e0173645_12184943.jpg

トレイにご飯、スープ、サラダ、キムチ・・・そして、白い四角い器で肉がやってきた。
肉はタレで来るんだけど、この味は嫌いじゃないですな。
「叙々苑」は炭火ではなくロースタータイプ。
e0173645_12185784.jpg
e0173645_121916.jpg

人目を気にせずとか、匂いが服につかないとか、夜遅めまで営業している、落ち着いた店内、そんなことから利用しやすい店になっているのかもしれませんな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:叙々苑 游玄亭 有楽町マリオン店
場所:東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
時間:11:30~22:45(L.O.)
電話:03-3218-8989

by nonbe-cclass | 2011-04-24 15:33 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14660523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 京都の居酒屋「かき屋 だいやす」 十三のラーメン「ばっこ志」 >>