石橋の居酒屋「炭火焼 とり一」

石橋に焼鳥店は数あれど、
テーブル席で網焼きするタイプの焼鳥は珍しい。
石橋商店街にある「炭火焼 とり一」のことだ。

まずは、造り三種盛(600円)から。もも・むね・肝ですな。
特に、肝は臭みもなくあっさりといただける一品。
e0173645_10392461.jpg

焼肉屋で、「この肉は、さっと炙る程度だけで全然いけますんでー」なんて言われると、新鮮なお肉で嬉しいねーとなるわね。
それを、鶏バージョンで味わうなら、ここ。
メニューをみてもらうと分かるけど、「さっと炙って」や、「ゆっくり焼き上げて」カテゴリに分かれている。基本、鮮度がよくて生でも食べられるんだろうけど、皮があるものなどは焼かないと、逆に食べにくかったりするわね。
「さっと炙って」系は、地鶏もも(450円)、心(350円)、そりみ(肩肉:450円)など。
「ゆっくり焼き上げ」系は、せせり(350円)、はかまみ(ハラミ:400円)など。
e0173645_10393075.jpg
e0173645_10393531.jpg

特に初めての客にはそうだけど、頼んだものを持ってきてもらった時、焼き方も説明してもらえる。
ベストな状態で食べてほしいし、こっちもベストな状態で食べたいですからなあ。
地鶏ももは、先に皮部分を炙り、その後、身の部分を少し炙る程度がいいそうだ。
色んな食べ方出来るけど、塩をすこしかけていただくのがオススメだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭火焼 とり一
場所:池田市石橋1-3-1
電話:072-760-3833
営業:17:00~23:00 木休

by nonbe-cclass | 2011-04-02 22:23 | 阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14535553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅田の和食「さくら月 田ごと」 白浜「崎の湯」と龍神温泉 >>