白浜「崎の湯」と龍神温泉

3月の連休に、ばあちゃんのいる白浜へ向かった。
土筆の時期でもあって、紀伊本線の線路沿いで袋いっぱいに採って来た。
白浜にいる間に袴をとって、ばあちゃんに佃煮にしてもらう。
これが、美味いんだ。
e0173645_8323720.jpg

毎回、白浜に来たらどうするかなんだけど、
さらに南へ車を走らせて、串本や古座など観光や散策に出かけたりする。
「結構、色々行ったしなぁ」なんて話をしてて、今回は、「じゃ、ちょっと山側に行ってみるか」とまとまった。
温泉がテーマで、龍神温泉を目指すことにした。

が、その前に、「よくよく考えると行ったことないな・・・」
白浜に来ると、「崎の湯」そばの波止場で、小物釣りをよくやるんだけど、
その「崎の湯」そのものに行ったことがないじゃないか!

・・・ということで、龍神温泉の前に、白浜「崎の湯」に立ち寄ることにした。
あいにくの雨なんだけどね~
e0173645_8324850.jpg

入口にある石碑「日本最古の湯」
『日本書紀』にはすでに登場しているから凄いわね。斉明、天智、持統、文武の、日本史でも習った歴代天皇も沐浴に訪れているという。

以前は無料で入れたそうだけど、300円を支払って中へ。
e0173645_8324122.jpg

男女別に暖簾がかかっているんだけど、
雨と同時に風も結構あったのね。暖簾をくぐる前に、暖簾が翻ったわけ。すると、脱衣スペースどころかその先の浴槽まで丸見えだったりする。

ま、とにかくも、ロケーションが最高だわ。
海辺に造られていて、湯船から海までは10mほどなんだって。
時間によっては、ざっぱーんなんてあるのかしら。
いやー遮るものがないので、絶景かな絶景かな。

「崎の湯」を出て、土産物を買おうと「とれとれ市場」に入るんだけど、
もー土産以外に、あるとついつい食べちゃうんだよな・・・
鮮魚のところで、その場で食べられるのがあったりするわけ。
今回は、くるま海老のおどり食い。その場でいただきました。
e0173645_8434470.jpg

さあ、ここから南部を経由し、国道424・425号線をひた走る。
確かに、峠越えポイントはいくつかあったと思うけど、比較的広い道で走りやすかったな。
山奥深く、蛇行する渓流というロケーションに龍神温泉はある。
龍神温泉は、島根湯の川温泉、群馬川中温泉と共に、日本三美人の湯として知られてますな。

温泉街の中で、唯一の源泉掛け流しの「龍神温泉元湯」へ到着。
わ、なかなかの人気ぶりで、ここだけ賑やかな感じですな。
白浜はぬるっとした泉質でお肌スベスベって感じだったけど、こちらは、さっぱりとした泉質で、風呂上り、しっとりとした感じに仕上がる。
e0173645_83258100.jpg
e0173645_833517.jpg

南紀散策の際には是非。

by nonbe-cclass | 2011-04-02 10:06 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14534913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「炭火焼 とり一」 北巽の居酒屋「串ホルモン 串源」 >>