梅田の焼肉「河童」

焼肉の店って、肉のクオリティも様々だし、店のスタイルもバラエティ豊か。
C級呑兵衛は、焼肉はにぎにぎやかやかと食べたい派なので、あまり、高級な雰囲気は苦手だったりする。
そんな中、先日行って来たのは、お初天神通りにある「河童」だ。

ビルの地下にあり、細い階段を下りると青い大きな暖簾が迎えてくれる。
暖簾が「昭和の庶民的な雰囲気」をたっぷり醸し出している。
e0173645_10181086.jpg

ど演歌が流れる店内・・・昭和の雰囲気に加えて、こってりおっさん系ですな。
なんだけど、不思議と若いカップルなどで女性の姿もあるわけ。

C級呑兵衛の焼肉の食べ方は、大方ストーリーがあって、
塩タンを皮切りに塩ものを食べて、その後タレものに進むんだけど、この店ではそうはいかない
「この店に来たら」ってな感じで、この店の名物がある。テッチャンだ。
何も知らないから、はじめ注文してなかったんだけど、一通り注文した後に、「てっちゃんは?」とわざわざ聞かれたから、「じゃ、それも」と加えた(800円)。
何よりも先に、このてっちゃんがやってくる。で、そのまま店の人が、鉄板にどどーっと全部のせちゃう。
e0173645_10174520.jpg

秘伝の甘辛いタレに漬けたもので、10分以上はじっくりと焼き上げる。
カリッとした食感に仕上がって、これがタレと相性をよくしていますな。ビールが進む一品。
因みに、ビールは生はなく瓶のみを扱っている。
e0173645_11184480.jpg

特上ハラミをもらうかな。
タレのインパクトがあるけど、肉そのもののクオリティは良さげ~
e0173645_10174942.jpg

生キモ(850円)は、小鉢でやって来て、タレに浸かってキモが見えない。
箸を入れてみると、キューブカットされた新鮮なキモがコロコロと入っている。
e0173645_1018132.jpg

ハラミ(1100円)・バラ(1100円)・上ミノ(1100円)が一皿に盛られてやってきた。
バラやわらけー、上ミノもグー
e0173645_10175575.jpg

最初がてっちゃんスタートなので、塩ものが・・・
店の人ももちろん出す順番は考えてくれていて、塩タンは最後
鉄板を最後替えてくれる。
e0173645_1018586.jpg

すべてオリジナルタレがかかってくるので、塩で食べたい人には向かないかもしれないけど、
お肉は美味しい、特にホルモンがいいので、興味のある人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉 河童
場所:大阪市北区曽根崎2-10-15  曽根崎センタービルB1
時間:16:00~23:30 (日祝~21:00)
電話:06-6314-0246

by nonbe-cclass | 2011-03-15 23:35 | ・食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14421780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 上新庄のラーメン「天神旗」 伏見稲荷大社・平等院(2) >>