EXPO'70パビリオンで「太陽の塔 黄金の顔」展

万博公園の太陽の塔
家からも比較的近いので、見慣れてはいるんだけど、間近でみるとホント大きいよね。
お腹?部分の顔が「現在」、背中の顔が「過去」。
そして、頂部の金色の顔は、「未来」を表しているんだよね。
知らなかったんだけど、万博開催以降、1992年に改修工事をしているそうで、あの顔は2代目なんだね。
e0173645_2043198.jpg

で、初代の顔はというと・・・
はい、ドーン。で・・・でかい。
e0173645_20432753.jpg

EXPO'70パビリオンが開館して1周年、そして、岡本太郎生誕100年ということで、
万博公園内、EXPO'70パビリオンで、「太陽の塔 黄金の顔」展が4月10日(日) まで開催されている。ここで今回、初代黄金の顔が展示されているわけ。
当時のユニフォームやグッズなどの展示に、来場者は釘づけ~
大観覧車のプラモデルって。
e0173645_21225453.jpg
e0173645_2123214.jpg
e0173645_2123726.jpg

太陽の塔の設計図や、目の部分の照明機器などの展示も。おーすげー
e0173645_2133759.jpg
e0173645_21331560.jpg
e0173645_21332142.jpg

C級呑兵衛は、万博開催の年よりも後に生まれている(え?とか言わない)ので、もちろん万博は知らないんだけど、この万博を機に生まれたものってたくさんあるんだよね~
常設展も見られるので、当時の栄華を存分に感じてほしいもんですな。
e0173645_21451742.jpg
e0173645_21444989.jpg
e0173645_21452240.jpg
e0173645_21452950.jpg
e0173645_2142103.jpg
e0173645_21444250.jpg

あと、今なら梅も見頃だよー
e0173645_21522346.jpg
e0173645_21523025.jpg

by nonbe-cclass | 2011-03-07 21:53 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14387491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 伏見稲荷大社・平等院(1) 川西能勢口の居酒屋「哲鳥」 >>