石橋の居酒屋「風の盆」

何だか、比較的最近に、ビルそのものにブルーのイルミネーションがついて賑々しいことになってるなあ、とか思っていたんだけど、あの店にも久々に行ってみるか・・・
え?ファミリーが出入りする感じじゃない?
e0173645_21281024.jpg

でもね、雑居ビルをトントンと階段で2Fへ上がると、大きな提灯が迎えてくれる。
石橋の居酒屋「風の盆」だ。
お、今日はすぐに入れそうだ。
e0173645_21375953.jpg

カウンターに腰をかけて、と。
外からは分からないんだけど、店内左奥には座敷もあって、今回も満員御礼状態。
大将もちょっとバタバタした感じだったんだけど、
「先にこれでもちょっと食べて」と出してもらったのが、淡路産はいかなごの釘煮。
「解禁になったところで、まだ小振りなんだけど」とは話していたけれど、
そんな旬なものをさりげなく出してくれるところが嬉しいね。
e0173645_21281687.jpg

とりあえず、白板には見ているだけで涎ものの魚介の名が並ぶ・・・
「じゃあ、お造りをちょっと盛り合わせでお願いできますか」
あいよ、の一声で出てきた造り盛りがこれ。
蟹身、〆鯖、本鮪、間八・・・
e0173645_21282117.jpg

やりいかの盛り方から想像してもらえると有難いんだけど、量多いって。
まぐろの造りが、もー、どんなけブロック~
おいおいおい、どれもウメー

鱈の白子しょうゆ焼(800円)。
普段はポン酢で食べることが多いんだけど、今回は焼きで。
おー、ふわ~とろ~泣けるねー
e0173645_21283414.jpg

これは、ビールより日本酒だな。ぬる燗でちびちびやろう。
e0173645_21284074.jpg

ほらまた。Jr.が頼んでるよ・・・おにぎり。
本当は梅なり、とろろこんぶなりが入るんだろうけど、Jr.は塩味だけでいいという条件を出した。
米は富山産コシヒカリ。ごまかしようのないこのおにぎりが美味いんだって。
e0173645_21282868.jpg

切干し大根と菜の花(400円)。
箸休めのつもりが、まぁ、その量の多いこと・・・
ただ、この切干し、歯ごたえは沢庵の如く、そして、噛むほどに甘みが出てくる逸品。
大将に聞いてみると、切干しは宮崎産。切干しといえば・・・というくらいのブランド力があるそうだ。
今、噴火による降灰で取り寄せるのが難しくなってきているとか。
それでも、ここにその食材がある、そ、大将のこだわりが見え隠れする。
e0173645_21284536.jpg

キンキ一夜干し(600円)は、身がぷりっぷり。ほぐすと、ジューシーなんだな。美味い!
e0173645_2128513.jpg

和を堪能した後、店を出て道へ出ると・・・なんだか、石橋がアートな世界に。
ビルのブルーイルミネーションが照らす、高架下。不思議な空間ですな。
e0173645_21285797.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ご馳走攻め 風の盆
場所:池田市石橋3-1-5-A クリューソスビル2F
時間:17:00~00:00 月休
電話:072-761-8022

by nonbe-cclass | 2011-03-06 22:59 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14380726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bbwan at 2011-03-08 07:10
ここ、「御馳走攻め」というところですよね。
ご近所の家飲み友達が、一押しの店でした。 とうとういけずに終わったけれど、おかげで雰囲気わかりました。
Commented by nonbe-cclass at 2011-03-08 08:09
bbwanさん、こんにちは!
御無沙汰してます~
そうです「御馳走攻め」です。大将が食材にとてもこだわっているんですが、惜しみなく出てくるって感じですね。
大将も気さくで、雰囲気いいですよ。

<< 川西能勢口の居酒屋「哲鳥」 石橋の居酒屋「吉喜」 >>