石橋「宵ノKOFUKU」で『利き酒の週末』

有難いことに、このブログを読んでもらっている人からの情報で最初知ったわけ。
石橋で「日本酒を楽しむ」といえば、「宵ノKOFUKU」
ここが、昨日からこの土日の3日間、『利き酒の週末』というイベントを開催している。

25日(金) 18:30~25:00
26日(土) 18:30~25:00
27日(日) 15:00~23:00

会費は一人3000円で、地酒12種類が利き酒し放題で、ちょっとしたアテと、和らぎ水付き。
利き酒し放題・・・それって、結果的には呑み放題じゃないか!
3000円で地酒が呑み放題・・・大盤振る舞いもいいとこですな(笑)
フリーイン・フリーアウト制だし、これは行かない手はないでしょ。
e0173645_11295593.jpg

でね、早速、昨日行ってまいりました。
アテは、塩辛・あけがらし・いぶりがっことスモークチーズ。
あけがらしは、麻の実でピリ辛な珍味。ご飯のお供にもばっちりなアイテムだ。
e0173645_1130163.jpg

いきなり、インパクトのあるのを呑みだすと身体がびっくりするから、あたりの柔らかいものからにしよ。
最初は、「十四代」中取り純米 無濾過生酒
舌をさっと包み込むまろやかさと甘み。
e0173645_1130795.jpg

次に「磯自慢」純米吟醸 しぼりたて生酒原酒
限定モデルで貴重なお酒のようですな。あー安定してますなあ、もあ~っと甘みが後追いしてくる。
e0173645_11301327.jpg

「熱燗呑まれます?」
と、途中でマスターから出されたのが、「天青」純米酒 吟望14°
柔らかい口当たりなのにさりげなく主張してくる・・・あっさり感なのに旨味十分。度数そのものは低めのようですな。美味い!
e0173645_11302161.jpg

ネーミングが・・・
「ちょっとおまち」東北泉 雄町純米生酒
今までのものからは少し辛口へ。瓶にも「辛口」札が掛っているな。
飲み口スーッ、お~クリアな味わい。でも、最後に辛みがビシッとくるね。
e0173645_11302693.jpg

『利き酒の週末』というイベントは開催されているものの、「そういう特別メニューがありますよ」的な感じなので、もちろん通常の営業で注文できるメニューや、日本酒以外のドリンクも注文できるぞ。
で、ちょっと生ものがほしかったので、宮崎地鶏のタタキ(800円)をば。
オニオンスライスとあけがらしポン酢和え。
いやん、美味しいやん。地鶏のしっかりした肉質も嬉しいし、このピリッとした感じがよく合いますなあ。この和え具合サイコー。
e0173645_11303326.jpg

酒は、「澪標(みおつくし)」純米吟醸 無濾過生原酒
お、これは後からぐーっと旨味がやってくるタイプですな。
e0173645_11303837.jpg

そして、「宝剣」純米吟醸 湧水仕込 限定酒未来 生
十四代の高木氏が父方に美山錦、母方に山酒4号(山田錦×金紋錦)で育種した逸品。
これもクリアな味わいで、湧水効果かしら、とっても呑みやすいんだけど、しっかり旨味が味わえる。
e0173645_11304489.jpg

滋賀の「七本槍」純米山田錦20BY
説明によると、取引の酒屋さんのリクエストで1年寝かせたものなんだって。
喉奥にドーンとくるインパクト、そう、「七本槍」ってちょっと個性あるかなといつも思ってたりするんだけど、
「角がとれて」というのはまさにそうで、「あれ?こんなに呑みやすかったっけ?」って思っちゃった。いやー美味いねー
e0173645_11305040.jpg
e0173645_1131095.jpg

ちょっと、あっさりしたものがほしいな・・・
木綿の冷奴(300円)は、伊丹の老舗のものだそうな。
e0173645_1131772.jpg

「菊正宗」特撰
おやおやっと思う人もいるかもしれないけど、なになに・・・「マスターはコレで育ちますたー」
「・・・。」
これから行く人は是非、マスターにツッコんで
それにしても、「菊正宗」・・・なんか妙に落ち着くんですけど(笑)キリッとすっきり。
e0173645_11311415.jpg

「会津娘」芳醇純米酒 生酒
この時期だけの限定出荷品。蔵元の在庫がなくなり次第、火入れへと移行。
米の風味がふわ~ぁっと広がる感じ。
e0173645_11312352.jpg

「刈穂」山廃純米生原酒 番外品超辛口
番外品て・・・日本酒度+21ときた。極限発酵にチャレンジですな。
これね、正直、ごっついクセあるんちゃうん?とか思ったんだけど、いやいやいや。
グッときて、あ、でも美味!って感じ。まさに辛さと旨味を両立させた逸品ですな。
e0173645_11313010.jpg
e0173645_11313774.jpg

あーあと1種類・・・時間の都合で、「南」特別純米 無濾過生酒だけ呑めなかったんだけど、
こんなイベントなら大歓迎ですな。
この週末、是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:宵ノKOFUKU
場所:池田市石橋2-15-33
時間:18:30~27:00(日祝は15:00~25:00) 水・第3木休
電話:072-761-6803

by nonbe-cclass | 2011-02-26 13:02 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14319075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆーたん at 2011-02-27 14:50 x
早速行って下さったんですね!

私は昨日行きましたよ~。

お目にかかれなくて残念ですが、同じ利き酒されたかと思うと、とてもうれしいです♪

来月も楽しみですね☆
Commented by nonbe-cclass at 2011-02-27 21:11
ゆーたんさん、こんにちは!
早速、行かせていただきましたよ~昨日行かれたんですか。お会いできなくて残念!
でも、利き酒楽しんできました!次回も楽しみです~

<< 東京の「しゃぶしゃぶ但馬屋」 激走!街並み楽しむ尾道・直島1... >>