池田のネパール料理「Kathmandu」

うちの近所、まあ大阪北摂の中で美味いエスニック料理とくれば「Kathmandu(カトマンドゥ)」でしょうな。カトマンドゥという店名からも分かるように、ネパール料理の店ですな(カトマンズはネパールの首都)。京橋、蛍池、池田に店舗があって、前者2店舗は何度か訪れているんだけど、先日、初めて池田店に行ってきた。

で、ランチで行くと、セットメニューが4つあるんだけけど、考えどころ。

A.タルカリセット(900円)
B.タメルセット(1100円)
C.ダルバート(1100円)
D.スペシャルセット(1300円)

ネパール料理の店なんだけど、ネパール料理を食べようと思うんだったら、アラカルトが充実する夜なんだよね、ホントは。
ランチにはみなナンがつく。ナンがある時点で北インド料理なんだよね。ネパールはナン文化じゃないから(ネパールにインド料理の店がたくさんあるというややこしい話は別にして)。
ま、ただ後でも書くけど、ここのナンは美味くてこれはこれで食べたいから、これを横に置いてそれ以外のものがどうかですな。

Aのタルカリとは、「おかず」というネパール語なんだけど、このセットではカレーのチョイスはできるけど、日本でいう「おかず」的な一品はないので、結果的には北インド料理だわね。
Bのタメル、これはネパールの地名。カレー以外に、マライティカやフィッシュティカが加わる。Aよりタルカリな気がするけど、こちらもインド料理だね。
先にD、タンドリーチキン食べたかったから本当はこれ頼もうと思ってたんだけど、営業時間カツカツだったので、これは注文できなかった。タンドリーチキン、フィッシュティカにネパリタルカリなどがセットになっている。ネパリタルカリがネパール料理になるかな。

そんなこんなで、C級呑兵衛が注文したのはC(自分に重ねているつもりはなくて・・・)のダルバート。
要は定食なんだけど、日本人の「ご飯、味噌汁、一品、漬物」みたいな感じで、ネパールの一般的な食事スタイルだそうな。豆スープ、ご飯、おかず、漬物4つ揃ってダルバートなんだって。
この店のダルバートは、チキンチリ、アチャール、ダルスープ、ハーフナンにサラダ、スープ、ライス、ドリンクがつく。チキンチリ、アチャール(漬物)、ダルスープ(豆カリー)はネパール料理ですな。
ナンはハーフになっているんだけど、C以外は30円プラスでフルサイズにできるぞ。Cはフルにできないので、タルカリセットを頼んだJr.のナンをフルにして、取り替えてもらう戦法を考えた。

料理の前に先にスープがやってくる。
これがね、胡椒かな・・・スパイスがめちゃきいたうまうまスープ。
e0173645_9411312.jpg

そして、プレートがやってきた。
おいおい、ハーフナンでしょー
なのに、すでにプレートはみ出てますけど・・・
e0173645_9411919.jpg

で、Jr.のタルカリセットが来たので、ナンを交換してもらったんだけど、

「・・・。」

で、でかすぎる。
テーブルいっぱいの大きさになっとるやないか。
でもね、ここのナンはやっぱり美味しくて、もちもち感も絶妙だし、ほんのりした甘みがいいのよね~
e0173645_9412468.jpg

カレーはチキンにしたんだけど、さほど辛くなくてマイルド。
あと、このチキンチリ。見た目は辛そうだけど、味付けはそこまで辛くないぞ。ご飯とあう一品って感じ。美味い。アチャールは、日本の漬物というイメージよりはスパイスの和え物のような感じ。これ、ジャガイモですな。
e0173645_9413126.jpg

ん~やっぱり、「Kathmandu」は美味いですなあ。
店内も満員御礼だったぞー

最後に誤解のないように書いとくけど、「ネパール料理の店なのにインド料理がでる」というスタイルは、それがいいとか悪いじゃなくて、日本ではそれが主流なんだよね。たぶん、ネパール料理って?という知名度もあるだろうしね。
だから、「ネパール料理を食べに行った」つもりが、実は「インド料理でした」とならないように、この店に来たなら、色んなネパール料理(モモ等のチベット料理も)を楽しんで~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ネパールキッチン Kathmandu(カトマンドゥ) 池田店
場所:池田市室町1-3 井関ビル1F
時間:11:00~14:30、17:00~23:00
電話:072-751-0033
e0173645_9414626.jpg

by nonbe-cclass | 2011-01-29 11:49 | 阪急池田駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14074875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大宮の寿司「東鮨」 天下茶屋の焼肉「一斗」 >>