若王寺の厄除大祭

寒いー
公園沿いの静かな住宅街を進むと、その途中から急に賑やかで明るい場所に出る。
近所の子供たちも多く来てますなぁ。

石橋は水月公園近く、
今日明日と「そんぱっさん」で厄除大祭だ。
地元では、「そんぱちさん」「そんぱっさん」と呼んでいるけど、若王寺がホントの名前。
正式名称は「高野山真言宗 鉢多羅山 若王寺 釋迦院」だ。
ちなーみに、これで、「にゃくおうじ」と読むのね。

C級呑兵衛は今年、前厄。
C級呑兵衛はもともと神の存在とか、何かにすがる概念がない超現実主義者なので、参って何とかしてもらおうとは思わないけど、
ま、体のことは色々あっても大丈夫。しかし、「こいつを厄にもっていこう」とする外的環境は十分に整っている。
ささ、ちゃんとお参りを。徐厄殿もなかなかの賑わいですな。大きな小槌(ちょっとややこしいけど)の上に賽銭をおいて。
e0173645_20555353.jpg

本殿は、まだ改修されて幾年と経っていないので、きれい。
殿内の温かい明かりが暗闇にもれる光景がグー
e0173645_20555815.jpg
e0173645_2056318.jpg

境内、あと道路から境内へ向かう石畳道にも露店がひしめく。
子供向けの射的、当てもの、輪投げなどもあるぞー
大人げなく射的をJr.と一緒にやったけど、戦利品はクッピーラムネだけか・・・
e0173645_20561032.jpg
e0173645_20561412.jpg
e0173645_20562088.jpg

by nonbe-cclass | 2011-01-18 21:22 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/14004049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 服部の焼肉「牛喜」 池田の居酒屋「mr.kanso」 >>