まじで!?正月に金沢・羽咋1泊2日(4)

1月1日の朝。早起きして朝風呂に行く。
昨日の夜の芋洗い状態とはうって変わり、ほぼ貸切状態。露天もいいけど、ちょっと熱めの内湯が気持ちいい。

ホテルの朝食は、元旦ということもあり、ちょこっと黒豆・数の子・紅白蒲鉾にお屠蘇が出た。
それに、お雑煮もね。
e0173645_2148369.jpg
e0173645_21481266.jpg
e0173645_21482133.jpg

さて、昨日の夜は何かあったのかな?記憶にございませんけど・・・

今日は雨だなー
ホテルをチェックアウトし、タクシーで「UFO宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」へ向かう。
さすがに、昨日の運転手ではないね(んー鮮明に記憶してるな)。
コスモアイル羽咋は、NASAも特別協力する施設で、宇宙やUFO現像に関する博物館。
下の写真は、ヴォストーク帰還用宇宙カプセルで、実際に宇宙から帰還した本物。
e0173645_2231845.jpg

そして、こちらが有名なアポロ司令船で、銀色のシール部分は本物。
e0173645_2251137.jpg

「!」

でっかい腕時計・・・オメガのスピードマスター
人類初の月面着陸の瞬間を宇宙で刻んだ時計だ(このでっかいのが行ったんじゃないよ)。
今でも、NASAの公式時計なんだって。
e0173645_2273944.jpg

さてさて、ここからどうするか・・・
あ、外にバス止まってる。この年始に合わせてか、無料のシャトルバスが運行されていて、コスモアイル羽咋~気多大社~妙成寺を往復している。これはラッキー。

客は我々だけだった・・・運転手の話によると、気多大社へ向かうシャトルはいくつかあるんだけど、コスモアイル羽咋~気多大社~妙成寺ルートは、このバス1台が行ったり来たりしてるのだそうだ。
あと、羽咋駅を発着とするシャトルバスはなく、工業団地~気多大社がダントツの本数だ。この工業団地に車の駐車場があるみたい。つまり、マイカー主体の場所だということですな。
そんな話を運転手としていたら、「妙成寺から戻ってくるときに乗るんだったら、送ってあげるよ」だって。

雨の中、参拝客で列ができていた。これでも、出足はかなり鈍いよう。
しっかりお参りしましてな・・・おみくじは中吉でスタート。
e0173645_22273457.jpg
e0173645_22274224.jpg

30分もあれば参拝も終えれたんだけど、タイミングよくシャトルバスが。
運転手も「お、さっきの」ってな感じだ。
工業団地行きは満員御礼なのに、コスモアイル羽咋行はまた我々だけだった。
でね、結局、途中でルートを変えてくれて、本当に羽咋駅まで送ってくれた。感謝感謝だね。

羽咋を後にして、金沢へと向かうことにした。

by nonbe-cclass | 2011-01-08 00:00 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13940180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< まじで!?正月に金沢・羽咋1泊... まじで!?正月に金沢・羽咋1泊... >>