石橋の蕎麦「斐川」

石橋に蕎麦屋はいくつかあれど、
これほど男前な蕎麦は他にはないな。

石橋の住宅街の中にある蕎麦屋「斐川」だ。
国道176号線から住宅街に入るんだけど、「おいおい、この辺りに店あるかい?」と疑ってしまう。ま、それもそのはずで、分譲住宅区画で家が軒を連ねている、その一番奥の家が店だったりする。
だから、半信半疑、「おいおい、これ曲がっちゃうと、区画の行き止まりで、住人の子供たちが縄跳びでもしてるんじゃないの」とか思ってしまった。
e0173645_16251228.jpg

からからと入口を開けると、奥で主人が作業をしていた。
時間が少し遅めだったので、まだ大丈夫かなあ~と思ったけど、あ、いけそうだ。

店内は手作り感溢れる落ち着いた空間で、壁際には器が沢山展示されている。
この主人、実は陶芸家で、器だけでなく店内のこの空間も自身で創り上げたようだ。
器を活かす料理を自ら手掛けているわけですな。

さて、粗挽き十割蕎麦は、一日20食限定
お、大盛りもあるのね。通常の1.5倍で1200円か、これにしよー。
しばし・・・
「待っている間、こちらどうぞ」
待っている間に、ポリポリ。香ばしくてうめー
e0173645_16245729.jpg

お、重厚な茶色の陶器に、蕎麦が盛られて来た来た。
e0173645_1625183.jpg

蕎麦の風味そのものを楽しむために、つけ汁に薬味はつかない(頼めばもらえるぞ)。
つけ汁も、少し底面を隠す程度に入っている。
蕎麦は気持ち太目、しっかりとした歯ごたえに粗挽きのゴツゴツ感がたまらない。
つけ汁も少しつけるだけで、濃いとか辛いとかじゃなくて、鼻をぬける、すんごいだしのいい香りが広がる。
そのまま何もつけずに食べても、蕎麦のとってもいい風味が楽しめる。
蕎麦湯はコップのような形状の器に入って出てきた。
e0173645_1625734.jpg

美味しい蕎麦を食べた後って、妙に幸せ感がありますなあ。
こんなに我が家から近いところに・・・素晴らしい。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:蕎麦屋 斐川
場所:池田市井口堂1-1-17
時間:11:30~ 日月火休
電話:072-761-0159

by nonbe-cclass | 2010-12-27 23:15 | 阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13879726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gosyun at 2010-12-28 12:30 x
いつも美味しそうなお店を開拓してはりますね~

ふと行って見たくて、地図をクリックしたら福島のほうに飛んじゃう怪現象が・・・私のPCだけかな?

それにしても絶対行って見たいお蕎麦屋さんです。
ご紹介ありがとうございます。
Commented by nonbe-cclass at 2010-12-29 15:59
gosyunさん、こんにちは!
すみません、地図のリンク先間違ってました(修正しました)!
こだわりのお店なので、是非!

<< 新世界の居酒屋「串かつじゃんじゃん」 池田の居酒屋「カミナリ酒店」 >>