大分別府温泉1泊2日(3)~別府温泉~

豊後高田から高速を飛ばしてやってきたのは、今回の宿泊地別府温泉
「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」
街のあちこちから、もうもうと蒸気が立ち上ってますな。

ホテルに入る前に、もう一観光。「地獄めぐり」だ。自然湧出の源泉なんだけど、色んなパターンがあるのね。別府地獄組合に加盟している地獄は8つで、観覧券もセットで販売されている。組合に加盟していない地獄もある。
今回、足を運んだのは以下の6か所。
■海地獄
e0173645_11333735.jpg

■鬼石坊主地獄
e0173645_11335676.jpg

■山地獄
e0173645_11341454.jpg

■かまど地獄
e0173645_11351816.jpg

■白池地獄
e0173645_11361161.jpg

もし、「時間なくて全部見れない」という人は、最初に、かまど地獄に足を運ぶのがいいかもしれない。他と違って、この施設だけで色んな種類が見られるし、何かと楽しめる要素もあるから。途中、足の岩盤浴や飲む温泉、砂むし足湯なんてのもある。さっきの茶色の池はかまど地獄6丁目。
e0173645_11464158.jpg

笑ったのは、鬼山地獄
熱湯グツグツはまあいいとして。
e0173645_11584454.jpg

他は地獄そのものを観るって感じなんだけど、ここは熱を熱帯に振り替えてアピール。
マレーシアの伝統建築がお出迎え。
e0173645_120973.jpg

で、ワニ・・・ワニがさく裂。というか、もうここはワニ園ですな。
e0173645_1201769.jpg

あ、もう鬼山ワニ地獄って、言っちゃってるし。
e0173645_1253672.jpg

さ、ホテルに向かいますか。
今回のお宿は、ホテル清風
オーシャンビューというか、オーシャンのみビューですな。
実は、むかーし、ここに泊まったことがあるんだよなあ。これだけ、宿泊施設があるというのに、よくピンポイントで同じところになるよなあ。
e0173645_12143746.jpg
e0173645_12145074.jpg

部屋に案内され落ち着く間もなく、とっとと浴衣に着替えて取り合えずひとっ風呂。
あれーここ、前来た時・・・露天あったかなあ。
料理は、会席だったんだけど、ご当地もんということでは、だんご汁とり天が出てきた。
e0173645_2314123.jpg
e0173645_23142237.jpg

そういや、今回初めて、コンパニオンが手配されていた。
ま、言っても、普段、ラウンジやクラブなどで呑むのと同じで、料理を食べている間にまあ、面白い話でもしまっしょーかーみたいなもんで、それ自体はどうこうないんだけど、
出てきた料理、特にだんご汁については、「あれ?これちょっと違わない?」
この辺りから、方言とか地元の話で盛り上がったんだけど、
彼女たちが普段目にしているだんご汁は、そもそもだんごと呼ばれるものが、このような団子状になってなくて、太い麺状になっているという。それと、そもそも味噌仕立てじゃない?って言ってた。
実は、事前に調べていたことがあって、「やせうまだんご汁」のことを言ってるんだな、と思っていた。さっきの太い麺状のもの(だんご)は、おやつとしてもいただけるんだけど、きなこをまぶしたものを「やせうま」というのね。痩せるでもなく、馬でもない。
それは昔の殿さんが、これを食べて乳母の八瀬さんに対して、「八瀬!美味い!」からきてるわけ。この団子を根菜などの野菜と共に鍋仕立てにして食べるんだよね。
ただ、今回のだんご汁も、別の名称で郷土料理としてあるみたい。

食事の後、このコンパニオンが働いているクラブでちょっとだけ飲んで(ま、こういう流れになるよな)、その後、もう1軒。
別府の夜は、飲み屋がたくさんあっていいですな。
e0173645_10535494.jpg
e0173645_10544079.jpg

たまに意味が分からん店もあるが・・・
e0173645_10541872.jpg

飲んで、その後にラーメン!
駐車場スペースで屋台。24時は回っているんだけど、なかなかの繁盛ぶり。
ねぎ辛ラーメン(700円)。あ、ちょっとキムチ辛さがほしかったから良かった。
e0173645_10583296.jpg
e0173645_10584745.jpg

さ、別府の夜はここまで。

by nonbe-cclass | 2010-12-23 11:07 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13839723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大分別府温泉1泊2日(4)~青... 大分別府温泉1泊2日(2)~昭... >>