梅田の蕎麦「みす美」

この間、十三で人間ドック。
検査自体は午前中で終わったんだけど、この日は午後からも仕事を休むことにした。
バリウム飲んだ後の調子が微妙なこと微妙なこと。

しかーし、昼飯に・・・少し酒が呑みたいところだ。
この微妙な感じからして、あっさりといけるものがいいな。
ちょうど、来年の手帳も欲しかったから、とりあえずは、一旦、梅田に出るか。

阪急梅田駅近くで・・・とか思っていたら、こんなところに蕎麦屋が。そういや、そうか、ここにあったか。
DDハウスや「がんこ」などが並ぶ通りに、そっとした感じで軒を構える。
「みす美」だ。
e0173645_22183093.jpg

テレビが見える席に腰をかけて、と。
瓶ビールに・・・出し巻き(500円)をもらうかな。
あら、一応、瓶ビールに柿の種がつくのね。

わおー!大きな出し巻きですなあ。しかも、ふわっふわ。和風なお出汁との相性も抜群。
これは美味い~
e0173645_22205432.jpg

んー蕎麦、どうしようかなあ。いつもなら天ざるにするところなんだけど・・・

「ん?にしんざる?」

にしんそばはよく聞くけど、ざるって。
聞いてみると、「お蕎麦に、にしんがつくんですけど」
ま、そりゃそうだとは思うんだけど・・・ま、いいや、にしんざる(900円)にしよ。
e0173645_22212261.jpg

確かに、蕎麦ににしんがついている。
あ、でも、この甘く炊いたにしん棒が温かくて、酒の肴にもいいですなあ。
e0173645_22212836.jpg

あっさりと、適度な歯ごたえのある蕎麦を手繰りながら、にしんをつまむ。
んー「日本人で良かった」と共に、「平日の昼間に贅沢な時間だ」と思うひと時だった。

この梅田、芝田で100年の老舗。店主も4代目。
北海道の最上級そば粉をはじめ、お出汁も羅臼昆布、うるめやさば節を使うこだわりよう。
変わりゆく街の中で、変わらぬ味を守ってもらいたいものですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:みす美
場所:大阪市北区芝田1-5-14
時間:11:00~20:30(土は~16:00) 日祝休
電話:06-6372-5563
e0173645_2221721.jpg

by nonbe-cclass | 2010-12-10 22:50 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13787715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 庄内の焼肉「あぶりや」 中津の焼肉「御徳家」 >>