大鳥居の「宝湯」と居酒屋「まるゐや」

11月26日の話。
東京出張で、泊まらないといけなかったので、今回は京急線の大鳥居という駅近くにあるホテルにした。
ホテルにチェックインした時間が、すでに22時半を回っていたと思うんだけど、そこから会社のメールをチェックしたりで23時を回ってしまった。

「23時を回ってしまった」には、少し焦りがあった。
それは、銭湯に行きたかったからだ
事前に調べたら、あら目と鼻の先にあるじゃん・・・が、23時半までやないか!

とにかく、ホテルのタオルをわきに抱えて、銭湯に向かう。
ホテルと、広い道をはさんだ向こう側、ここに「宝湯」
e0173645_21513448.jpg

愛想の良いおやっさんが受け付ける。
「おっ、あれ?タオルだけ?シャンプーとかも持ってこなかったの?銭湯は何もないよー」
おそらく、ホテルのタオルをもってやってくる客が他にもいるんだろうね。最初の「おっ」は、「そこのホテルから来たんだねー」の「おっ」だ。
銭湯になにもないのは分かってんだけど、ホテルのシャンプーや石鹸は、壁面備え付けタイプだから、持ち出せないんだって。

「じゃあ、シャンプーはどうする?エッセンシャルとメリットあるけど」

「・・・。」

まあ、そこにこだわりはないけど、エッセンシャルにするか。

閉店時間カツカツだったから、一応、気を遣って「営業、何時までですか?」

「23時半までだけど、大丈夫、ゆっくりして」

「ども。じゃあ、気持ち(急ぎで)頑張ります」

「頑張ってー」

軽快なやり取りをしながら、中へ。
浴場は入口側にカラン、奥に浴槽が横並びにある。電気風呂に、ぼこぼこに・・・
おー、壁面のタイル画、夕焼けの富士山だ。
東京の銭湯って「熱いって」て、いつもなるんだけど、今回はそうでもなかったな。
ここ、サウナ込の料金設定というところも嬉しい。入口左手にサウナがあるぞ。
ゆっくり温もって、風呂上りにはフルーツ牛乳
e0173645_21514020.jpg

一旦、ホテルに戻ってタオルを置いて、と・・・
サクッと呑むために、すぐまた外に出る。

時間も時間なので、あんまり歩かず近場で。
「まるゐや」か、ここにしよ。
e0173645_21515252.jpg

ちょっと、カジュアルな感じもする居酒屋なんだけど、造りなども充実してるな。
かわはぎか何かの薄造りが品切れだったので、あおりいか刺(630円)でももらうか。
ビールの後は、お、久々に久燿(530円)にするか。
e0173645_2152038.jpg

ほーほー牡蠣あるじゃん。殻つき生かき(3個:580円)たべるぞー
うめー
e0173645_2152456.jpg

「んーカンガルーかワニか・・・」
え?いや、から揚げどっちにしようかなと思って。
今回はわにを。
んー臭みや独特の味があるとかではないので、普通に食べられるんだけど、少し硬めの肉ですな。
ま、話のネタに。
e0173645_2152918.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:まるゐや 大鳥居店
場所:東京都大田区羽田1-5-19 2F
時間:17:00~25:00(金土祝前日は~25:30)
電話:03-5735-7087

by nonbe-cclass | 2010-12-08 21:34 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13768755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 中津の焼肉「御徳家」 新橋の居酒屋「舞浜」 >>