激旅!上海2泊3日2010 (2)~地鉄と南京東路

上海市街には地鉄(地下鉄)が網羅されていて、年々路線が伸び盛り。
実際、1年前のガイドブックだと役に立たない。
ホテル下には、2号線が走っていて、中山公園駅からこの路線だけで、観光スポットの南京西路・南京東路・豫園・外灘・浦東などに向かうことができる。
ま、正直なところ、ホテルの下に地鉄の入口はある、あるが、改札までちょっと歩かなければいけないことが発覚。改札までの途中、ショップまで並んでるし。
写真は撮っていないけど、地下の階段下りたところとかで、地べたに風呂敷広げて衣類や、訳のわからん商品を売る人がいるんだよね。
何か・・・大丈夫なんか?汚らしい感じがしないでもないが・・・とか思ってたら、場所によっては結構人気だったりするから凄い。こんなところで、若い女性が何人も掘り出しもんを探してんだから。
e0173645_2156725.jpg

さあ、地鉄の改札に来たんだけど、切符を買わなきゃね。
台湾などと同じで、先に行先を確認し、表示された値段の金を入れるんだけど、それだけの情報なら「楽勝じゃん」とか思ったら、大きな違いがあった。
普通ね、日本でも台湾でもそうなんだけど、
券売機の上とかに路線図が書いてあって、今いるところは「当駅」なんて書いてあるわね。
だから、今いる場所がどこで、今から行く場所はここね、とすぐに確認できるわけだ。

・・・が、しかし、中国は、券売機のモニターに全路線図を表示、今いる場所なんてのは分からないわけ
画面下に、1号線、2号線というボタンがあり、これを押すと、その路線だけが表示される機能もあるんだけど、
とにかくも、どの駅にいようと、全路線図の中で、いま自分はどこにいるのかをまず把握することができないとダメなわけ。
e0173645_2218238.jpg

そして、さらに撃沈は、この券売機、使用できる紙幣は50元まで
ホテルに着いて、まとめて両替したところだから100元札ばっかじゃん。
くそっ・・・おいおい、どうみても両替機なんてないし。もー

改札付近に女性2人がさばく、有人窓口?というのか、おそらく1日券みたいなものを買うところなのかな、
そんな所があったから、そこに行くんだけど、
もー人がたかっているわりには順番も何もないし、一体ここで何がなされているかわからないし、しかも、めっさ、忙しそうな状態。
明らかに面倒くさそうな対応に、何とか、片言の英語と身振り手振りで・・・本当はここで切符が買えれば良かったんだけど、とにかくも券売機で買え、と。んで、両替につながって両替をしてもらう。
テメー、こんなボロボロぐしゃぐしゃの札渡しやがって。券売機通らなかったら、言葉通じなくてもごねるぞ。
e0173645_22522762.jpg

ここまで、くりゃ後は楽。お金を入れると、カードが出てくる。
これを自動改札機で、PiTaPaと同じ要領でピッとやって、バーを押して入る。
このカード、使いまわしてるのか中古な感じ満載だし、色んなデザインがあるみたい。

中山公園駅から4駅目、人民広場駅で降りて地上に出ると、そこから南京東路が広がる。
南京東路は、人民広場から外灘へと続く大通りで、両サイドにショッピングセンターやレストランなどが軒を連ねる観光スポット。こんなに広い通りなのに、歩行者天国が続くんですなあ。
e0173645_2313330.jpg
e0173645_2315097.jpg

歩行者天国なんだけど、電動カート(観光遊覧車)が頻繁に行き来している。
e0173645_232087.jpg

上海はここに限らずなんだけど、クラシックな建物がまた渋い。重厚な造りに圧巻。
e0173645_2314295.jpg

ん?上島コーヒーだろ?UBC?UCCでなくて??コーヒーじゃないのかあ。
南京東路から横道にそれるだけで、随分と庶民的な雰囲気が広がる。
恒例の「窓からそう竿を出しますか」の洗濯物も、簡単に目にすることができるぞ。
e0173645_2333683.jpg
e0173645_23372122.jpg
e0173645_2337329.jpg

じゃあ、その横道にあえてそれてみて、何か食べてみるか。
そう思って、店を探すことにした。

by nonbe-cclass | 2010-11-18 22:48 | 激旅!上海2泊3日2010 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13659769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 激旅!上海2泊3日2010 (... 激旅!上海2泊3日2010 (1) >>